GoPro,ミラーレス,ドローン..旅行におすすめのカメラ、理由付きでまとめて紹介します。

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

今回の記事は、

今度の旅行にカメラを持って行こうと思うけど、色々あってどんなカメラが良いか分からない!

スマホだけじゃダメなの?GoProとかミラーレスとかドローンも興味あるかも…

という人向けの記事。結論としては

キラ

スマホ>GoPro>ミラーレス一眼>ドローン

の順でオススメします。予算10万以下なら、まずはスマホとGoProに投資!

予算が許せば、一眼やドローンで撮影の幅はどこまでも広がります。

あと旅行保険は必須!

という感じです。

※2018年7月24日追記。イラストを追加しました。

目次

旅行にオススメのカメラは?

こんにちは、キラです。

旅行 おすすめ カメラ ミラーレス

僕は、職業柄(旅系の、文章や映像を書いたり撮ったりしてます)、人から頻繁に聞かれることがあります。

それは「旅行にオススメのカメラ」について。

 

LCCや各種サービスの普及で旅行に行きやすく、またそこで撮った写真や映像をシェアしやすくなった昨今。

「旅先で写真/映像を撮りたい!」というニーズは、どんどん高まっているように感じます。

 

どんな場所でどんなものを取るかなどで、オススメのカメラは変わってくるのですが、

今回は、コスパの高いものから

  1. スマートフォン
  2. GoPro
  3. ミラーレス一眼
  4. ドローン

と紹介し、そのメリット・デメリットやおすすめ機種、アクセサリーを紹介したいと思います。

旅行におすすめのカメラ1,スマートフォン

旅行におすすめカメラその1は、スマートフォンです。

旅行 カメラ おすすめ スマホ

今や誰もが持っているのが当たり前になり、カメラとしての機能もより重視されてきているスマホ。

旅行用カメラとして見たときのメリット・デメリットを改めて見てきましょう。

旅行カメラとしてのスマホ、最大のメリット「携帯性と総合的コスパ」

カメラとして見たときのスマートフォンの最大の利点は、その携帯性。

そして、総合的なコスパです。

まずは何より、常にポケットに入れておける携帯性(持ち運びやすさ)。これは素晴らしい。

できるだけ荷物を減らしたい旅行にとって、これはやはり嬉しいところです。

旅行 カメラ おすすめ スマホ スマートフォン

そして、総合的なコストパフォーマンス。

言うまでもなく、スマホは写真/動画撮影意外にも色々できるし、撮影に関しても色々便利なので、

同じ額をかけるにしても、費用対効果、コストパフォーマンスが高いんです。

 

正直なところ、予算が10万円以下なら、まずはスマホ(とそのアクセサリ、アプリなど)に投資するのが、一番良いものが撮れるようになるでしょう。

これについては、スマホカメラのメリット・デメリットや、ほかのカメラとの比較の中でも、説明していきます。

旅カメラとしてのスマホ、その他メリット

その他、旅行用カメラとして見たときのスマホの良いところは、以下のとおり。

 

・ネット接続のやりやすさ、シェアの手軽さ

→常時ネットに接続されているので、撮ったもののシェアやバックアップが楽。

他のカメラは、基本的にSDカードをパソコンに挿して…とかやらないといけないので、スマホのお手軽さは大変魅力的です。

旅行 カメラ おすすめ スマホ スマートフォン

・アプリケーションの豊富さ

→スマホは、カメラアプリ、編集アプリなど、いろんなアプリケーションが豊富!

カワイイは作れるんや!

 

・その場で編集できる

撮影したものをすぐに、簡単に編集できるのが、スマホのすごい所。

(普通は、PCから読み込んでイラレフォトショ、Lightroomなどで編集します。大変だしスキルが必要。)

旅行カメラとしてのスマホ、最大のデメリット「無くしやすい」

旅行用カメラとしてスマホを見たとき、その手軽さやコスパの高さを考えると、

デメリットはあまりないのかもしれません。

 

あえて挙げるなら、その携帯性ゆえに、落としやすい、無くしやすい、盗られやすい、というところかも。

旅行カメラとしてのスマホ、その他デメリット

・撮れる内容が限られている

→後述するミラーレス一眼などに比べれば、ということですが、

スマホだと撮りづらいものがあるのは確かです。

例えば、いい感じのボカシや、超高画質、細かいマニュアル設定の撮影など。

「めっちゃプロっぽい!」というものを撮るなら、スマホだとちょっと大変です。

正直、デメリットと呼べるほどではないのですが、僕はミラーレス一眼を使うようになってから、スマホではほとんど撮らなくなりました。

 

・適当に扱いがち

→あと挙げるとしたらこれくらい?

スマホは常に持っているので、カメラ・レンズに手垢をつけたり、落として割ってしまったりしやすいですよね。旅行中はくれぐれも気をつけましょう。

旅行用スマホ、おすすめ機種

個人的にオススメする、カメラの優秀なスマホは以下の2つです。

・iPhone X

なんやかんやいって、iPhoneの機能はやっぱり優秀です。

一番新しいiPhone Xは、カメラ性能が特に好評ですね。

iPhone X

・Huaweiの最新機種

僕が使っているのがこちら。中国のメーカーのHuaweiのスマホ。

日本での知名度はまだまだかもしれませんが、実は世界ではスマホシェア3位なのです。

(1位SAMSUNG、2位Apple。一時的にAppleを抜いて2位になったことも)

 

このHuaweiのスマホ、優れた部分は沢山あるのですが、特筆すべきはそのカメラ性能。

今なら、Mate10 Proはめちゃいいですね。カメラへの変態的なこだわりを見せています。

Huawei Mate 10 Pro

2018年6月にHuawei P20 Proが国内販売されるので、それを待ってもいいでしょう。カメラがさらに変態的アップグレードされています。

Huawei P20 Pro(今販売されているのは、並行輸入品です。)

旅行におすすめのカメラ2,GoPro

今やアクションカム、ウェアラブルカメラとして不動の地位を築いた「GoPro(ゴープロ)」。

旅行用のカメラとして見た時のメリット・デメリットを改めて紹介します。

旅行カメラとしてのGoPro最大のメリット「小さくてタフ!」

GoProの最大の特長は、やはりその小ささ。そして丈夫さです。

元々が、サーファーのために作られたカメラだけあって、旅やアウトドアにもってこい。

旅行 カメラ GoPro おすすめ

その小さなボディで、水の中も液体窒素の中もマグマの中も成層圏も撮れてしまいます。

ヤバい撮り方の詳細は、こちらの記事にも書きました。→旅が10倍楽しくなる!GoPro(ゴープロ)の撮影アイデア7選+禁断の奥義1選

 

タフすぎやろGoPro。そして使うやつもタフすぎやろ。

旅行カメラとしてのGoPro、その他メリット

・手ブレ補正がめちゃ優秀

意外と知られていない、GoProのスゴイところ。

実は、「手ブレ補正」がめちゃ優秀なんです。新しいモデル「6」に限りですが。

 

「5」以前のモデルは正直、ジンバル(安定装置)がないと使い物にならなかったんですが、

最新モデルの「6」は手ブレ補正がやばい。最高。

旅行の場合、街歩きとかも撮りたいワケなんですが、それには現在のところ、このGoPro Hero 6を使うのが最善と断言できます。

手ブレ補正に関しては、以下のKoh Aoki氏の動画も参照されたし。↓

・手軽な撮影が可能

「カメラを構える」という行為は、自分だけでなく人も構えさせます。

携帯や、後述するミラーレス一眼などは、「今から写真(動画)撮りますよ!」という感じムンムン。

 

結果として、飲食店や狭い場所など、場所によっては撮りづらかったり。

人の自然な表情を引き出せなかったりします。

 

その点、GoProはその小さいボディのお陰で、「撮ってる感」があまりなく、

シチュエーションを選ばず、自然な撮影ができるんです。

これは、僕が実際にGoProを使って感じた大きなメリットの一つですね。

 

もちろん、だからといって撮影禁止の場所で撮ったり、盗撮とかはダメだぞ!!

旅行 カメラ GoPro おすすめ

・広角の面白い映像が撮れる。

GoProのレンズは、かなり広角の特殊なレンズです。

なので、広い景色を余すことなく撮れたり、遠近差を利用してダイナミックな写真(動画)を撮れたりします。

この特性を利用して、ぜひ面白い画を撮ってみましょう。

例えばこんなの。↓

旅行 カメラ GoPro おすすめ 旅行 カメラ GoPro おすすめ

旅行カメラとしてのGoPro、最大のデメリット「撮れ方にクセあり」

以上のように、かなり高コスパな旅カメラであるGoPro。

最大の弱点を挙げるとしたら、「画質や撮れ方にクセがある」ということでしょう。

 

具体的には、「広角」で「青い」です。

旅の中でGoProが適さない場面は例えば

船の上から、迫力のある自由の女神を撮りたい!

→難しいです。遠くのものはどうしても小さくなってしまいます。

食べ物の映像を美味しそうに撮りたい!

→適してません…。新しいGoProは映像の青色が強く美味しそうに見えない他、極端な近距離だとぼやけます。

という感じ。

 

なので、遠くにあるものは後述の一眼+望遠レンズで。

食べ物や近くのものはスマホや一眼+近距離用レンズなどで撮りましょう。

旅行カメラとしてのGoPro、その他のデメリット

・やや高価

→新品で5〜6万します。買うのにちょっと気合が要りますねw

旅行 カメラ GoPro 値段

数千円と安価な類似品もありますが、手ぶれ補正などの総合的スペックがダメなので、おすすめしません。純正のGoProを買いましょう。

 

・撮影した映像を確認し辛い

→GoProは背面にディスプレイがついていて、撮影したものを確認できます。

が、ディスプレイも当然小さいので、見やすいとは言えません。まあしゃーない。

 

・充電がやや面倒か。

→あえて言うなら、MicroUSBとかじゃないGoPro用のケーブルが必要なので、充電が少し面倒かも。

予備バッテリーなどで解決できます。

旅行用GoPro、おすすめ機種

まあGoProは、最新の機種一択です。

GoPro HERO6 Black

そしてできれば、本体以外に周辺機器も揃えておくと良いでしょう。

詳細はいかに書きました。↓

まだそのまま使ってるの?僕がGoPro(ゴープロ)を100倍便利にした10のアクセサリーを紹介します

旅行におすすめのカメラ3,ミラーレス一眼

さて、旅におすすめのカメラ、スマホ、GoProと紹介して、このへんからちょっとプロレベル。

ミラーレス一眼も、本格的に撮りたい人はほしいところ。

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス

「ミラーレス一眼」とは、簡単に言うと「一部をデジタル化して、より小型化した一眼レフカメラ」のこと。

つまり「ミラー(鏡)」が「レス(なくなった)」カメラですね。

 

従来の一眼レフカメラは、中に数枚のカメラが入っていて、レンズに写った光を直接見ていたんですが、

デジイチは、レンズに写った光を一度デジタルで投影して、それを見て撮る、という仕組み。

仲の鏡が少なくなったので、そのぶん小さくなったワケです。

旅行カメラとしてのミラーレス一眼、最大のメリット「とにかく綺麗に撮れる」

さて、旅行に持っていくカメラとしてミラーレス一眼をみたとき、

最大のメリットはやはり、そのハイスペックさ。

つまり、めちゃキレイに撮れます。画像のサイズを落としてもこれくらいに。↓

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス 旅行 カメラ おすすめ ミラーレス

例えば、旅先の夕日の絶妙な色合い、出会った人々の自然な表情、遠くに見つけた野生動物、満点の星空…などなど。

こういうのは、スマホで撮るにはまだまだ限界があります。

一定以上のクオリティを目指すなら、やはり写真専用機は必須でしょう。

旅行カメラとしてのミラーレス一眼、その他メリット

・拡張性が高い

→まず、ミラーレス一眼カメラを「カメラ」と考えるのをやめましょう。

「写真(映像)を撮るのに特化した、高性能コンピューター」と考えるほうが、本質に近いです。

そして、ハイスペックな本体をベースに、専用アプリやレンズ、周辺機器を使っていろんな撮影ができます。

つまり、拡張性が高い!

スマホとはまた違った意味で、いろいろな撮影が行えます。

 

・プロ感ある特殊な撮影ができる

「拡張性」と同じような話なんですが。僕が最終的にデジイチを買ったのは、

キラ
背景ボカシていい感じの動画撮りたい!もっと望遠とかもさせたい!

という理由でしたw

やはり、撮れるものの種類とクオリティは、スマホの比じゃないです。

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス

・取材などにも使える

→これは、GoProのメリットの逆なんですが。「ゴツいカメラ持ってたほうがいい」って場面も、時々あるんですよすね。

例えば、ブログで取材記事書きたいときに

はーい撮りまーす(スマホでパシャ)

だと、カッコつきませんよね。

イベント時などは、ゴツいデジイチ持ってるだけで「お!カメラマン!」って感じで、なんかいい場所で撮らせてもらえたりしますw

旅行カメラとしてのミラーレス一眼、最大のデメリット「値段」

旅行用カメラとして考えたときのミラーレス一眼のデメリット。

いやもうとにかく、値段です。たけえ!

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス 値段

予算は”最低でも”20〜30万はかかると思っていいでしょう。

これはあくまで最低額。ちょっと良い本体+レンズを変えば、40〜50万にw

さらに、三脚などの周辺機器や、レンズを買い足していったら、もう数百万w

 

どれだけかけても終わりがないことから、本格カメラの世界は「沼」と呼ばれていますw

旅行カメラとしてのミラーレス一眼、その他デメリット

・重さと大きさ

→価格の次に来るデメリットはコレですね。

スマホなどと比べると、やはり大きくて重く、携行が面倒なときもあります。

三脚やレンズも含めると、さらにけっこうな大きさと重さに。

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス

・技術や知識が必要

→本格的なカメラは、使いこなせば素晴らしいものが撮れますが、それまでが大変です。

専門的な知識や技術は必須。まあこれは撮りながら調べて、少しずつ覚えていけばOKです。

 

・ややデリケート

→スマホやGoProと比べれば、ミラーレス一眼やレンズは、ややデリケート。使い方や保管に工夫が必要です。

例えば、レンズの場合は、ホコリは湿気を避けて保管し、定期的に掃除などをしてあげる必要があります。

カメラクリーナーキット

 

・周辺機器がいろいろ欲しくなる

→周辺機器が「必要」というよりは「欲しくなる」んですねw

どんどんこだわりが出てきて、楽しくなってきて。まあ最初は、ストラップと三脚くらいでもOKだと思います。

旅行 カメラ おすすめ ミラーレス

・相手を構えさせる

→GoProの説明でも述べましたが、ゴツいカメラはやはり人を構えさせることも。

人の自然な表情を引き出す、コミュニケーション能力が必須です。

旅行用ミラーレス一眼、おすすめ機種

おすすめミラーレス一眼に関しては意見が分かれるところであり、最終的には宗教戦争になってしまうのですが(笑)

ここではあくまで、僕の個人的なおすすめを。

2018年5月現在、一番オススメなハイアマチュア機は、SONYの「α 7III(アルファセブン・エススリー」です。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット

SONY αシリーズの良いところはしっかり遺しつつ、値段は下げた名機。

いろんなカメラマンから大絶賛されています。

この本体に、フルサイズ専用のレンズを組み合わせて使うところからスタートするのがおすすめ。

 

ちなみに僕は、少し前に出た、映像に強い「α7SII」に、カール・ツァイスの24-70ミリレンズを基本的に使っています。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7SM2 ボディ ILCE-7SM2

ソニー SONY 標準ズームレンズ Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM フルサイズ対応

ぼちぼち、単焦点レンズやオールドレンズにも挑戦したいところ。

旅行におすすめのカメラ4,ドローン

さて、かなりディープになってきましたね。

最後に紹介する旅行におすすめのカメラは「ドローン」です。

数年前から話題の、あの空飛ぶマシン。

これを旅に持っていくと、撮影の幅はグッと広がります。

旅行カメラとしてのドローン、最大のメリット「空撮!」

旅行用カメラとしてのドローン、最大のメリットはやはり「空撮ができる」ことでしょう。

もうね、これってスゴイ。

旅行 カメラ ドローン おすすめ 

十数年前なら、予算数百万と人員数十人がかりでやっていたような空撮が、

10万以下のドローンで一人でカバンひとつでできてしまうわけです。

まさに、映像/写真撮影のゲームチェンジャー。

 

今やドローンは、一眼レフより安く小さく軽いので、旅好きな人には、ぜひとも一度体験してほしいですね!

旅行カメラとしてのドローン、その他メリット

・高い位置からの空撮以外にも色々できる

→ドローンでの空撮といえば、高い位置からのものを想像しがちですが、実は工夫しだいでけっこういろいろできます。

安定したキレイなスライド動画や、少し離れた自撮り、足場のない場所での撮影などなど。

もう撮影の幅広がりまくりです。

 

・持ってるとモテる

→えーとですね。ドローン持ってるとモテます。

主におっさんと子供とオタクにwwww

国や場所に関係なく、目をキラキラさせた男達が「それ今撮ってんの!?」「なんぼなん!アマゾンで買える?」「俺にも触らしてーな!!」とガンガン絡んできますw

旅行 カメラ ドローン おすすめ

旅行カメラとしてのドローン、最大のデメリット「総合的コスパ」

旅カメラとしてのドローンのデメリットを挙げるなら、「総合的なコスパ」かもしれません。

いくらドローンが安く小さく軽くなったとはいえ、マトモなドローンはまだ少し高いし、多少の荷物にはなります。

 

そしてバッテリーも、持ち運び用のものは駆動時間が30分前後なので、

要はかかるコストに対して、使う機会がやや少ないワケです。

旅行 カメラ ドローン おすすめ

「スマホしか持ってないけど、予算10万で旅のカメラ欲しいなー」という人は、

スマホかGoProに優先して投資したほうが、たくさん使うでしょう!

旅行カメラとしてのドローン、その他デメリット

・許可が必要だったり、飛ばせない場所もある。

→ドローンでよく懸念されることがコレですね。

きちんと資格や許可をとれば問題ありませんが、充分に下調べと気遣いを。

とりあえず、市街地、空港の側、重要な建物の近くは絶対ダメ!

 

・技術や慣れ、度胸が必要

→操縦には多少の技術が必要なので、ちゃんと練習をしましょう。

あと、高価なマシンが自分の手元を離れて遠くを飛んでいるというのは、やはり最初はソワソワしますw

まあこのへんは、慣れと度胸です。

旅行用ドローン、おすすめ機種

今、旅に持っていくためにドローンを買うなら「Mavic Air(マビックエア)」一択でしょう。

旅行 カメラ ドローン おすすめ

【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ

もうとにかく小さくて軽い。そして高性能。やばいです。

しかもこれで本体のみなら10万切ってるからエグいです。

 

持ち運びには、ジャストサイズのハードケースが一番便利でした。

もう少し馬力がほしい、遠隔操作もしたい、という人は、一つ前の「Mavic Pro」もいいでしょう。

【国内正規品】DJI ドローン Mavic Pro フライモアコンボ

旅行 カメラ ドローン おすすめ

海外旅行保険には必ず入っておこう

以上が、旅行に持っていくオススメカメラとその理由だったのですが、最後に一つ。

海外旅行保険には、絶対に入っておきましょう!

 

以上で紹介した機材は、どれも高価です。

そして、旅の中ではかなりハードに使います。

するとやはり、無くしたり壊れたり盗まれたりはしょっちゅうです。

 

そんなときに、海外旅行保険にしっかり入っておけば、これらのトラブルにあった機械の購入金額を保証してくれます。神。

数千円〜数万円の用意で、数十万円の損を補填できるので、安いもんです。

出発前日でもネットだけで申し込みもできるので、必ず入っておきましょう。

AIUの海外旅行保険



まとめ

改めてまとめると、今回の記事は、

今度の旅行にカメラを持って行こうと思うけど、色々あってどんなカメラが良いか分からない!

スマホだけじゃダメなの?GoProとかミラーレスとかドローンも興味あるかも…

という人向けの記事。結論としては

キラ

スマホ>GoPro>ミラーレス一眼>ドローン

の順でオススメします。予算10万以下なら、まずはスマホとGoProを!

予算が許せば、一眼やドローンで撮影の幅はどこまでも広がります。

あと旅行保険は必須!

という感じでした。

 

かなり長くなりましたが、かなり詳しく紹介できたかと思います。

この記事が、あなたの旅を美しく残すのに役立てば、嬉しいです。

 

それでは今日はこのへんで。

明日も、よい人生とよい旅を。

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。