深センから香港国際空港へ早く安く行く方法を、写真付きで丁寧に解説します

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

今回の記事は

中国深センから、早く安く香港国際空港へ移動したい!

という人向けの内容です。

 

そして結論は、

キラ
深セン羅湖→香港上水駅→空港行きバスがオススメ!

2時間と56HKD(約760円)で行けます

です。

深センから香港国際空港への行き方

こんにちは、キラです。

香港の上水から国際空港行きのバスの中で、この文章を書いています。

今回は、僕が実際に行った、中国深センから香港国際空港への行き方についての内容です。

サクッといきましょう。

前提

内容に移る前に、まずは前提から。

今回のルートは、平日月曜日、3月初旬、晴れの日、荷物はリュックと小さいトランクだけです。

そして、健康な20代男性の体力で移動しています。健脚です。

もし、子どもやお年寄りがいるグループの場合は、フェリーやリムジンバスなど、より楽な方法をご検討されてください。

先にやっておくべきこと

そして、実際に移動する前にやっておいて欲しいことは、以下の2点です。

  1. このページの各所をスクリーンショット→海外、特に中国ではネットが接続しづらいことがあるため
  2. 自分が乗る飛行機の時間や航空会社、ターミナルの確認→航空会社によってターミナルが異なるため

です。

さて、前提と先にやることが分かったら、実際のルートを確認していきましょう。

深セン羅湖駅へ

中国深セン、羅湖駅に到着。

深センから香港国際空港への行き方 1

 

「往口岸」の案内に沿って、まっすぐいきます。

深センから香港国際空港への行き方 2

 

途中から「香港」の表示が見えてくるので、案内に従って上へ。

このあたりから、人の流れもできてきます。

深センから香港国際空港への行き方 3 深センから香港国際空港への行き方 4

 

イミグレの表示が見えてきました。

深センから香港国際空港への行き方 5

イミグレを通過して中国を出国〜香港へ入国

中国からの出国&香港への入国は、中国、香港に住んでいる人と、外国人とでは別々の場所になります。

深センから香港国際空港への行き方 6

基本的には「港澳なんちゃら」の看板のほうではなく、

「Foreigner」「Visitor」の看板のある方向へ行きましょう。

深センから香港国際空港への行き方 7

 

出国審査窓口は、間近では写せないのでだいぶ遠くから。

深センから香港国際空港への行き方 8

 

出国審査用の小さな紙も、先に書いておきましょう。

深センから香港国際空港への行き方 9

 

出国審査を終えたら、簡単な荷物検査を受けて、外へ。

深センから香港国際空港への行き方 10

 

エスカレーターで上に登ります。

深センから香港国際空港への行き方 11

 

人がぞろぞろと歩く、長ーい道が見えてきます。

深センから香港国際空港への行き方 12

 

この看板が見えたら、まっすぐ上に向かわずに左へ!
左側に、「Visitor」の表示の方向です。

深センから香港国際空港への行き方 13

 

細い道をどんどん行きます。

深センから香港国際空港への行き方 14

 

この先に、香港入国審査が。(写真は撮れませんでした)

流れは、出国の時と同じで、入国審査用の小さな紙に書き込みをして、パスポートといっしょに窓口の人に渡せばOKです。

案内&監視のオジさんとかも立ってたりするので、わからなければ聴いてみましょう。

 

無事香港に入れました。アッサリ。

羅湖駅からここまでで、27分しかかかりませんでした。

深センから香港国際空港への行き方 15

MTR(列車)で上水駅へ移動

次は「往列車」の看板に沿って移動。

深センから香港国際空港への行き方 16

 

進んでいくと「羅湖駅(ローウー・ステーション)」の表示が見えてきます。

こっちは、香港の列車の駅ですね。

深センから香港国際空港への行き方 17

チケットを購入して乗車

券売機で、チケットを買います。

香港ドルを持っていなければ、このあたりで両替を。

電車とバスで合計56香港ドルは必要です。

深センから香港国際空港への行き方 18

羅湖→上水駅は一駅。料金は25香港ドルでした(2018年3月現在)。

一駅のくせにたけえなコノヤロ。

 

チケットを通して改札を通過しましょう。

深センから香港国際空港への行き方 19

 

思いがけず長いホームへの道。

深センから香港国際空港への行き方 20

外の景色もなんか綺麗です。

深センから香港国際空港への行き方 21

 

羅湖は始発駅なので、電車の方向を間違えることはないでしょう。

「First Class」と書いてあるは指定席の車両で、一駅ぶんだけ乗る人には関係ないと思うので、それ以外に乗りましょう。

上水駅に到着〜バス停へ

一駅先の「上水駅」に到着。

深センから香港国際空港への行き方 22

駅からバス停へ移動

改札を出て、「A3」の出口から外に出ましょう。

深センから香港国際空港への行き方

また、食べ物飲み物などが欲しい人は、駅内のセブンイレブンなどで買っておき、
お手洗いも駅で済ませておきましょう。

加えて、買い物をするときに、バス代の「30.9(または31)香港ドル」がちょうど払えるようにおつりをもらいましょう。

 

エスカレーターを降りると、バス停が並ぶ道へ。

深センから香港国際空港への行き方

 

まっすぐいって3つくらい先の「A43」のバス停で待ちましょう。

深センから香港国際空港への行き方

下に「機場(Airport)」とあります。

このあたりで、深セン羅湖駅からちょうど1時間くらいです。

 

スーツケースを持った人が多く待ってます。

深センから香港国際空港への行き方

バスに乗車して空港へ

バスがきました。

深センから香港国際空港への行き方

運賃は、30.9香港ドル。31ドルでもOKで、時々30ドルでもイケた、という声も。アバウトw

お釣りはもらえないので、ピッタリ払えるのが理想です。

バス社内と風景

中はこんな感じ。キレイです。

深センから香港国際空港への行き方

荷物の心配がなければ、二階席の窓際に座ると、いい景色が見られておすすめです。

左側に座れば港とビル群が、右側に座れば海と夕日が見られます。

深センから香港国際空港への行き方 深センから香港国際空港への行き方 深センから香港国際空港への行き方

 

窓際にはUSB充電用のプラグ穴もありました。

深センから香港国際空港への行き方

ターミナルを改めて確認

バスは、いくつかの場所を経由したあと、香港国際空港には「ターミナル1」「ターミナル2」の順番に止まります。

ANA、ならターミナル1
バニラエア、HK Expressならターミナル2です。

このあたりは、あらかじめ確認をしておきましょう。

空港へ到着

空港が見えてきました。

深センから香港国際空港への行き方 深センから香港国際空港への行き方

前に香港空港に来た時も、夕日が燃えていたなあ…としみじみ。

 

空港に到着。

深セン羅湖駅からちょうど2時間ほどでつきました。

深センから香港国際空港への行き方

自分が乗る便を確認しましょう。

深センから香港国際空港への行き方

まとめ

以上が、中国深センから香港国際空港へ早く安く行く方法でした。

改めて対象と結論をまとめると、

中国深センから、早く安く香港国際空港へ移動したい!

という人向けの内容で、結論は、

キラ
深セン羅湖→香港上水駅→空港行きバスがオススメ!

2時間と56HKD(約760円)で行けます

という話でした。

 

あなたの旅の一助になれば、幸いです。

それでは明日も、よい人生とよい旅を。

 

海外旅行関連で、以下の記事もあわせてどうぞ。

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。