2017年末、買ってよかったもの&今使っているもの【旅とカメラ編】

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

今回の記事は

旅に持っていくカメラを、どんな組み合わせでいくか迷うなー。

大きく重くなるのは嫌だけど、機能も捨てたくないし…

という人向け。結論は

キラ
僕が実際に旅に持っていって使っている旅カメラをぜんぶ紹介します

という内容です。

旅とカメラについて

メリークリスマス。キラです。

今回は、僕が使っている道具について。年末ぽいやつですね。

いろいろあるんですが、今回は「旅とカメラ編」で書いてみます。

世界一周(150万円)

言うまでもなく、最高の経験です。

男の一人旅、4ヶ月くらいでだいたいこれくらいでした。主に、宿泊費と移動費ですね。

海外旅行 カメラ 持っていく

思ったより安く済んだし、2周目3周目もどんどん行きたいですね。次は東廻りで。

あとは、一つの街に最低でも2〜3週間滞在して、みっちりと撮りまくりたいですね!

春節(旧正月)は、深センで映画「イノセンス」みたいなサイバーパンクなアレが撮りたい!ww

海外旅行保険(12万円※保証期間によって変動)

旅する際は、万が一のときの為にいつも入っています。

幸い、怪我や病気はありませんが、意外と大事なのが、飛行機の遅延や携行品まで保証してくれることです。

これらのおかげで、壊れたり紛失したガジェット類もしっかり保証してもらえました。

 

海外に出る直前でも申し込みはできますが、やや面倒なので早めに済ませるのが吉。

デジタル一眼レフカメラ Sony α7SIIとレンズVario-Tessar24-70mm(40万)

世界一周中に”旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」を作ったワケなんですが(サボり気味でごめんね、年明けからどんどんアップします)、

「もっといい映像撮りてえ!と思ってデジイチも新調しました。

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

Sony α7SII&Vario-Tessar T FE24-70mmを使ってます。

こんなのが撮れます。↓

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

動画もたくさん撮りたかったので、7Rでなく7Sにしました。

マイク RODE VideoMicro(7000円)

人気モデルの外部マイクですね。僕も一眼レフ上部に付けて使っています。

集音領域が広く、音質もGOOD。

個別バッテリー不要で、小型で、ウインドジャマー付きで、そしてコードも含めカワイイ。

ブログロゴにも新しく書き入れました。

PCからカメラへ。ブログのロゴをマイナーチェンジしました。

小型カメラ GoPro(5万円)

数年前購入したGoPro Hero4 Silverに、Feiyu G4Sジンバルorゴリラポッド三脚を付けて使用してます。

「小さくて軽い」は正義。いつでもどこでもタフに使えて最高です。

こんなんが撮れます。↓

海外旅行 カメラ GoPro海外旅行 カメラ GoPro

ブログでも「GoPro おすすめアクセサリー」とかで4位辺りを取れて、十分元は取れましたw

最近、Hero6の手ブレ補正のスゴさに驚き、そろそろ新しいのに買い替えたいなあ、とも思っています。

 

2018年は、もっと激しいアクティビティを撮りたいですwスカイダイビングとかw

頭とかに付けて、一人称視点の映像を撮るのもいいですね。

GoProに関しては、こちらの記事にも詳しく書きました。

まだそのまま使ってるの?僕がGoPro(ゴープロ)を100倍便利にした10のアクセサリーを紹介します

GoProでの撮影アイデアはこちらに。

旅が10倍楽しくなる!GoPro(ゴープロ)の撮影アイデア7選+禁断の奥義1選

カメラ用ジンバル(3万&8万)

度々紹介してるけど、動きのある動画撮影にはこのジンバル(スタビライザー。手ブレ補正機)がマストです。

現在、GoPro用にFeiyu G4Sハンドヘルドジンバル、一眼レフ用にZhiyun Crane V2を使用しています。

ドローンやジンバルに関しては、現在は中華メーカーが最強ですね。

昔はクソ重くて高かった機材が、今はこの価格で買えてバックパックに入るんで最高です。

海外旅行 カメラ GoPro ドローン

ドローン DJI Mavic Pro(12万円)

これで、最高の景色を、世界中でたくさん撮りました。

もちろん、各国の法律や条例を調べ、必要によっては申請をした上で。

海外旅行 ドローン Mavic

発売から1年ほど経っていますが、未だに、旅用の本格ドローンならこれ一択だと思いますね。

PhantomやParrotだとやや大きすぎ。SPARKだと自重が軽すぎ&HDまでしか撮れません。

 

Mavicは、750gの軽量ながら4K動画が撮れる名機。

たたんだ時の大きさは、「やや大きめの筆箱」くらいです。

海外旅行 ドローン Mavic

そして実は「折りたたむとドローンぽく見えないので空港でひっかからない」というのもMavicの良いところw

PhantomやSPARKは、シルエットがいかにも「ドローン!」って感じなので、空港でやや止められやすいみたいです。

 

風にやや流されやすい&バッテリ一つの飛行時間が30分というのが心配でしたが、フライトプランをしっかり立てた上で空撮に臨めば、問題ありませんでした。

SIMフリースマートフォン Huawei Mate9(6万)

これも、1年くらい前に買いました。

決め手は、SIMフリーで、カメラ機能が最高だったこと。

ライカのデュアルレンズ搭載で、一眼みたいに背景をボカした写真が簡単に撮れます。しかも、後からピント位置を変更することも可能。

こんなんが撮れます。↓

海外旅行 カメラ 持っていく 海外旅行 カメラ 持っていく 海外旅行 カメラ 持っていく

これでこの価格はコスパ最高です。

 

画面サイズは、最初は大きく感じましたが、実際使ってみるとkindleも読みやすく、ドローンフライトのモニター用にもちょうどよくて満足です。

今は、新しいMate10やMate10proが出てますね。

日本以外のアジア圏のスマホ市場はすでに、AppleよりもSAMSUNGやHuaweiの方が存在感がかなりあります。

一脚付き三脚 Velbon PolePod EX(7000円)

三脚ねえ…そもそも使うかどうか迷いました。

Sony α7SIIの5軸手ブレ補正が優秀だし、ジンバルもあるしどうしようかなーと。

 

しかし、離れての自撮り、高さのある撮影、カメラ固定しての動画…などにはやはり必要と思い、SLIKの大きめの三脚を幾つか使ってみました。

しかし、三脚だと持ち運ぶにはデカくて重い。あと全高が低いので最終的に手持ちになっちゃう。

 

ということで、今はVelbonの三脚付き一脚「PolePod EX」を使ってます。

・全高が185センチくらいになる。僕よりデカイ。
・一脚としても使える上、三脚を装着しても場所を取らない
・1kg以下で軽量。旅に持っていっても苦にならない

というのが最高です。

ジンバルと組み合わせれば、イカしたクレーンショットまで撮れます。

まとめ

そんなワケで、今回の記事は

旅に持っていくカメラを、どんな組み合わせでいくか迷うなー。

大きく重くなるのは嫌だけど、機能も捨てたくないし…

という人向け。結論は

キラ
僕が実際に旅に持っていって使っている旅カメラをぜんぶ紹介します

という内容でした。

 

重ね重ね、昔なら数百万と数百キロの機材で撮るような映像&写真が、今はデジイチ、スマホ、GoPro、ドローン、ジンバルなどの数十万(数万でも)を、カバンひとつで運んで撮れるんで最高ですね。

海外旅行 カメラ GoPro

それでは今日はこのへんで。

長文読んでくださり、感謝します。

明日も、よい人生とよい旅を。

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。