海外旅行前に必見!お金を守るための3つの心がけと、もっとも大切な一つの用意

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

こんにちは、キラです。

アラブ人の兄ちゃんらに、彼らの国の料理を食わせてもらいました。

(名前忘れたけど手づかみで食うスパイシーなチャーハンみたいなやつ)。俺の笑顔wwww

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

さてさて。今回は、お金に関する内容です。

旅と金と時について

2018年。

今年こそは世界一周したい!

とか

海外旅行に行きたい!

という方も多いでしょう。

世界一周の写真

海外に行くとなると、考えるべきはやはり「お金」と「時間」。

今回はその中でも「海外旅行におけるお金の守り方」について書きました。

 

旅の計画そのものがまだ!という人は、以下の記事から先にどうぞ。

世界一周の夢を実現させるために必要な15の計画と用意

2017年、今年こそ世界一周したい!と思ったら今すぐやるべき3つのコト

海外旅行でお金を守る3つの心がけ

今回の結論を先に述べてしまうと

キラ

海外旅行で安心してお金を持ち歩くための心がけは

  1. 調べる
  2. 分散する
  3. 疑う

の3つが大事

そして、もしもの時のための「保険」はもっと大事!

という話です。

以下、具体的な話も含めて説明していきます。

調べる

改めて言うまでもなく、慣れてない国や人、文化に接する時は、十分な下調べをしておきましょう。

見たい場所や食べたいモノだけでなく、

  • 基本的な歴史
  • 空港から宿までのルートやかかるお金
  • 色んなモノやコトの平均的な物価
  • 危険な場所
  • その国の文化や宗教におけるタブー
  • 危険な場所

などは、最低限押さえておきましょう。

そして、調べた情報を元に

  • タブーなどに安易に触れない
  • 意味もなく危ない場所に行かない
  • 明らかにおかしなお金を払わない

などの、当たり前のことを徹底しましょう。

分散する

投資に関する格言の中に、こういうものがあります。

卵は、同じ籠に盛るな

「沢山の卵を一つのカゴにいれておくと、カゴ落とした時に全部割れちゃうからやめた方がいいよね」

という意味の言葉です。要はリスク分散の話ですね。

 

海外旅行でお金を守る時も、この言葉は当てはまります。

持ち歩くお金は、あらゆる場所やカタチで、分散させておくのがいいですね。

「この鞄を盗まれたら完全に終わる」とならず、

「この鞄盗まれたけど、これとこれとこれがあるから、まだ何とかなる」としておくための用意です。

持ち歩く「場所」の分散

例えば僕の場合、お金を持つ場所は

  • 通常使う財布
  • 各鞄の隠しポケット
  • マネーベルト
  • その他色々

と分散させてあります。

マネーベルトとは、こんなの。↓服の中に付けておいて、お金や貴重品を隠して持っておけます。

普段使いの財布は、前ポケットにすっぽり入ってコンパクトな「Abrasus(アブラサス)」の財布を使ってます。

持ち歩く「カタチ」の分散

お金は、持つ「場所」と同じく、「カタチ」も分散させます。

僕の場合、

  • 現地通貨
  • ドルと日本円
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • スマホで使えるWEBマネー

など、様々なカタチで分散させています。

もちろん、それらのお金が入っている口座やサービスも分散させます。

クレカには、ちゃんと裏面に「漢字で」サインしておきましょう。これだけで、セキュリティレベルを上げられます。

 

現金を一切持ち歩かず、全てWEBマネーやクレカで済ます「キャッシュレス化」できるのが理想的ですが、途上国の田舎では現地通貨しか使えない場所も多いので、やはりまだ、現金は必要ですね。

疑う

徹底して下調べとリスクヘッジをしていても、やはり用心は欠かせません。

旅人を狙った悪いヤツは、アナタの思う以上に沢山います。

危険で理不尽な目に合わないためには、多少ビビリすぎくらいでちょうどいいです。

人前で現金を出さない

まず初歩として、人前で簡単に現金を出さないこと。

日本以外の国では、当たり前も当たり前です。

 

治安の悪い国や街にいって、お札をバラバラと数えてたりしたら、高確率で狙われます。

お金を出す時は、確実に一人でいる時だけにしましょう。

人を信じ過ぎない

やや寂しい話ではありますが、旅先で出会った人をすぐに信用するのはやめておきましょう。

特に、旅先で「向こうから」陽気に話しかけてくるヤツは、だいたい何かあります(笑)

 

僕は幸いにして、旅先で出会った人に何かをされたことはないのですが、

とある友人は、メキシコで仲良くなった外国人の友達が、滞在最終日にお金を持って消えてしまったそう。

旅先で友情を育むことは大変結構ですが、プライバシーや安全まで明け渡すのは、それとは違う話。

旅先での出会いには、十分に気をつけましょう。

基本的には値下げ交渉してく

海外旅行の際に全員が確実に通るのは、モノやサービスを買う場面でしょう。

この際も、相手の言い値で払わないこと。基本的に値下げ交渉しましょう。

 

僕の場合、この交渉能力は、お金がない時代に東南アジアを旅して身につきました。

なんか途中から、この交渉自体が楽しくなってた気も(笑)

こう、店主とのバトル感が何とも楽しくて…。

 

値下げ交渉の基本の流れは、例えばマーケット等で何かを買う場合、

  1. 買いたいモノをちゃんと決めておく
  2. それが、マーケット全体でどれくらいの値段で売られているか見て廻る
  3. 最も安い3〜4店に目星をつける
  4. 最初に、めちゃくちゃ低い値段でお願いする
  5. 大体断られるので、少しずつ値段を上げてく
  6. 途中で「じゃあ買わない」って席を立つ(これで相手がOKする場合が多い)
  7. 3〜4店で同じ交渉をして「あそこの店はいくらにしてくれた」と交渉する
  8. 最後の最後で「◯個まとめて買うからいくらにして」とツメる

みたいな流れで、最初の相手の言い値の半額近くになったりします。

(もちろん時間をかけていい時と、あとはモノにもよりますが)

ここまで徹底してやらなくても、とにかく買い物をする時は、ぼったくられないように。

主導権をしっかり握って、いつでも「NO」を言えるようにしておくことです。

 

ただ、時々こういう、「可愛く売ってくる」みたいな変化球が来ると弱いですねw↓

【旅漫画】ミャンマーで日本語を話す少女に出会って、教育について考えた話

保険付きクレカと旅行保険で備えをしておこう

以上のように、十分な下調べや用意、心がけをしていても、トラブルは起こる時は起こります。

先日も、こんなツイートが話題になりました。

そう。怪我や病気が、最もお金を失うリスクが高いことです。

最悪の事態を避けるためにも「保険」は、しっかりかけておきましょう。

オススメは、海外旅行保険付きクレカと海外旅行保険の2段構えです。

保険付きクレカ

もしものための構えその1は、クレジットカードによる海外旅行保険です。

例えば、楽天のプレミアム(ゴールド)カードなら、海外旅行中の3ヶ月(90日)の間、

  • 携行品損害
  • 疾病(病気)治療費用
  • 傷害(ケガ)治療費用
  • 救援者費用
  • 賠償責任
  • (傷害)死亡後遺障害

が保証されます。詳細は以下のページから確認し、必要なら旅行前に作っておきましょう。

→楽天プレミアムカード



海外旅行保険

短期かつ簡単な保証なら、クレカだけでも賄えますが、

高価な携行品があったり、ワーホリなどの長期の旅の場合は、海外旅行保険にも併せて入っておきましょう。

 

1日100円程度から、オンラインだけで出発直前まで申し込みできる便利さながら、

もしもの際には数千万の医療費なども保証してくれます。

これも、詳細は以下リンクから。行く国などによっても違うので、よく調べておきましょう。

AIUのワーキングホリデー保険



まとめ

そんなワケで、上記を改めてまとめると

キラ
海外旅行で安心してお金を持ち歩くための心がけは

  1. 調べる
  2. 分散する
  3. 疑う

の3つが大事

そして、もしもの時のための「保険」はもっと大事!

という話でした。

下調べとお金の分散は、行き先が決まり次第、早め早めにやっておきましょう。

優先順位を間違えない

最後に、ひとつ注意を。

大切なのは「優先順位を間違えない」ことです。

ソンしないに越したことはありませんが、お金は一番じゃありません。

 

第一は命と身体。第二に(今の僕の場合)時間。第三にパスポート。

お金とその他はその次です。

お金を守って無茶して、怪我をしたりしたら本末転倒です。

多少の損をしたとしても、お金で解決できることは、解決しましょう。

 

以上、「安心してお金を持ち歩くための3つの心がけ」でした。

あなたの今年の旅が、安全で楽しいものになれば幸いです。

 

それでは明日も、よい人生とよい旅を。

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。