DJIのアクションカメラ「OSMO Action」がDJIから正式発表。価格は?発売予定日は?GoProとの比較は?

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。
キラ

DJIからアクションカメラ「DJI OSMO Action」が正式発表!

一言でいうと「GoProの弱点を補完してさらに上をいく、いやらしい一台」!

価格は税込44,820円、5月17日発売予定!

予約はコチラからできます。

という内容です。

DJIからアクションカメラ「DJI OSMO Action」が正式発表!

こんにちは、キラです。

少し前にリーク画像が出ていた、DJIのアクションカメラ「DJI OSMO Action」が、正式に発表されたようです。

DJIのアクションカメラ「OSMO Action」,価格,発売予定日,GoProとの比較

Osmo Action – スペック、FAQ、ビデオ、チュートリアル、マニュアル – DJI

見た目からもわかるように、完全にGoProにかぶせてきてますね。

価格は税込44,820円

価格は、税込みで44,820円とのこと。

これも、GoProの最新機種と近い。(ちょっと安いですね)

DJIのアクションカメラ「OSMO Action」,価格,発売予定日,GoProとの比較

発売予定日は5月17日

発売予定日は、2019年5月17日。

あれ…?もう明日じゃね??

楽しみに待ちましょう!!

Osmo Actionの仕様や性能

以下、Osmo Actionの仕様や性能について、特筆すべき点を書いていきます。

GoProと似たサイズ

サイズは、GoProと近いですね。

サイズ 65×42×35 mm、重量 124 g。

DJIのアクションカメラ「OSMO Action」,価格,発売予定日,GoProとの比較

前面(レンズ側)ディスプレイがGood

写真を見てもわかるように、Osmo Actionはカメラ・レンズ側にも液晶ディスプレイがついてますね。

GoProを使う人はわかると思いますが、アクションカムってけっこう自撮りするんですよね。

なのでこれは、かなり嬉しい仕様だと思います。

 

ただし、レンズ側ディスプレイからのカメラ操作はできない、とのこと。

5. フロント画面で操作できますか?
いいえ。フロント画面は表示専用です。

DJI公式サイトQ&Aより

手ブレ補正がすごいっぽい

Osmo Action、手ブレ補正機能がエグいみたいです。

いやいや、GoPro Hero7とかも、手ブレ補正すごいんですよ。

その上をいくだと…!?マジ?

このユーザーレビューの通りなら、凄まじい性能です。

Osmo Actionは本体防水

Osmo Actionは、本体防水機能がついています。

つまり、水中の撮影もどんとこい。

Osmo Mobileには無かった機能なので、嬉しいところです。

水深11 mまで使用でき、Osmo Action 防水ケースを使用する場合は、水深60 mまで使用できます。

DJI公式サイトより

GoProが10mなので、ここはほぼ一緒。

「Osmo Action 防水ケース」なるものの存在が気になるところです。

スローモーションやタイムラプス撮影も

Osmo Actionは、タイムラプスやスローモーション撮影にも対応しているようです。

タイムラプス(またはハイパーラプス)はGoPro Hero7にもありますが、確かスロー撮影はなかったハズ。

8倍のスロー撮影に対応しているようです。

ここでは、Osmoが一歩上を行った感がありますね。

音声操作にも対応

Osmo Actionは、音声操作にも対応しているようです。

Osmo、動画を撮って!

とか言ったら、手を使わず操作ができます。

お料理やアウトドアなど、手が離せなかったり汚れたりする撮影をする人にはおすすめの機能ですね。

 

これも、以前のOsmo Mobileにはなく、GoProにはあった機能なので、ここもGoProにかぶせてきましたね。

バッテリーもけっこう持つみたい

Osmo Actionのバッテリー容量は、1300 mAh。電圧は3.85 V。

GoPro Hero7のバッテリーは1220 mAh、電圧は4.40 Vなので、ちょっと優秀?

 

公式サイトの記載は以下の通り↓

完全に充電されたバッテリーでは、1080P/30fpsで最大135分(ロックステディOFFの場合)、4K/60fpsで最大63分(ロックステディONの場合)の動画撮影に対応しています。

DJI公式サイトより

Amazonで予約開始

既に、Amazonで予約が開始されています。

予約はコチラからできます。

DJIのアクションカメラ「OSMO Action」,価格,発売予定日,GoProとの比較

個人的な意見や感想

まだ実機を触ってみないとなんとも言えませんが、

Osmo Action、凄まじいですね…。

GoProの数少ない弱点(というほどでもないけど)をしっかりと補完して、価格も抑えてきた感じ。

 

手ブレ補正も上記映像の通りならかなりエグいです。

少し前に、ジンバルが「映像撮影のゲームチェンジャーや」なんて言われてたのが、もう過去のものになりつつある感じ…!

 

ただやはりGoProには、初代〜Hero7までのバージョンを重ねての細かいナレッジの蓄積などがあるだろうし、

現状ではGoProのアクセサリはやはりめちゃくちゃ豊富。

なので、Osmo Actionの実機も見つつ、今後の両カメラのバトルにしっかり注目したいところです。

発売、非常に楽しみですね!

『DJIのアクションカメラ「OSMO Action」がDJIから正式発表』まとめ

というわけで。

キラ

DJIからアクションカメラ「DJI OSMO Action」が正式発表!

一言でいうと「GoProの弱点を補完してさらに上をいく、いやらしい一台」!

価格は税込44,820円、5月17日発売予定!

予約はコチラからできます。

という内容でした。

取り急ぎ記事をアップしましたので、内容をどんどん追記していきます。

 

GoProやカメラについては、当ブログでも色々書いているので、併せてどうぞ。

それでは今日はこのへんで。

明日も、よい人生とよい旅を。

当ブログについて

当ブログBack Pack Hack(バックパックハック)では「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創る人」のための情報をお届けしています。

専門領域は、動画、ブログ(WordPress)、旅。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください。

Twitter

Instagram

Youtube

Facebook

旅の一分動画「TR1P」FBページ

ご依頼・お問合せについても、SNSからダイレクトメールでどうぞ。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。