クリエイター必見。長く活躍し続ける人が実践する「7つの習慣」とは?

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。映像&WEB專門の旅人。
 大学中退後に起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物をカバン2つに減らして世界一周へ。

 Macとドローンを持って旅しながら、世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では400名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

こんにちは、キラです。

今回は、クリエイティブ職、頭脳労働で頑張る人全てに向けた「習慣」の話。

 

長く活躍し続ける人と話したり、僕自身の経験も踏まえて思う、大切な「7つの習慣」を挙げてみました。

結論から書くと、

きらこう

長く活躍し続けるクリエイターが実践している習慣は、

  1. はじめにざっくり全体を考える
  2. 大量のインプットをする
  3. ヘタでもいいので、仕上げて見せる
  4. 締め切りや納期を守る
  5. 道具に投資する(そして回収する)
  6. 1ミリでもいいから毎日進む
  7. 身体はしっかりメンテナンスする

の7つです。

1,はじめにざっくり全体を考える

まずはコレ。何かを作ろうと思ったり、作ってと頼まれた時には、まずは「全体像」を捉えることが大事です。

細部は後回しでいいので、まずは内容を言葉でまとめたり、簡単なスケッチをしていきましょう。ざっくりでOKです。

 

僕も、ブログやそのロゴを作成する時、

  1. 「旅とテクノロジー」をテーマに
  2. 紺色をベースにして対応色のオレンジを差し色に
  3. 以上を踏まえて、ロゴは「ガジェットを持つ旅人」を紺とオレンジで作成

という部分を、ざっくりと決めていきました。

吉良光 ブログ ロゴ

2,大量のインプットをする

全体像が見えたら、よりイメージをハッキリさせるためのインプットをしていきます。

インプット内容は、感性を刺激してアイデアを与えてくれるなら、何でもいいかと思います。

僕のブログの場合は、人のブログや書籍をたくさん読んだ上で「こういうのはあんまりないな」という隙間を見つけたり、人と話してどんな情報にニーズがあるのか、生の声を聞いたりしました。

 

そしてロゴは、関連ワードで、いろいろと画像検索などをしてみました。

Google 検索

そして、「あ、これかっこいいな!」と思ったモノを、片っ端からダウンロードしていき、後からまた一気に見て、イメージを固めていきました。

僕は性格上、インプットや勉強は大好きです。旅や人から学ぶ他、本、漫画、ドラマ、映画、アニメ、形に拘らず、好きなものは何でも大量に取り入れます。

3,ヘタでもいいので、仕上げて見せる

これが、初心者の最初の難関かもしれません。

とにかく、不出来でもいいので、ちゃんと作って、人に見せながら改善していくこと。

「見せるのは恥ずかしい」?

大丈夫。あなたが思っている以上に、誰もあなたのコトなんか見てません(笑)

 

でも全く見てないってこともありません。常に見て応援してくれる人もたくさんいます。次に創るものは、その人に宛てる手紙のように創り、その人を喜ばせてみましょう。

僕のブログのロゴの場合、当時の僕はまだPhotoshopに不慣れだったので、とりあえず描きたい絵を色々描いて、人に見せたり、SNSに載せたりしてみました。↓

4,締め切りや納期を守る

クライアント・ワークの場合、これはとても大事です。

120%の出来で締切を破るよりは、

50%の出来でもいいから締切を守りましょう。

もちろん最終的には100%以上の出来じゃないとダメなんですが、まずは出すことで「で、こっからどうする?」という話ができます。

さらに理想的なのは、「最初の20%の時間で、80%の全体像を見せておく」というもの。

これは、「1,はじめにざっくり全体を考える」の内容にも通じることです。

例えば、記事ライティングの仕事をお願いされた場合。

僕は、できるだけ早く、タイトルと見出しを箇条書きで送ってしまいます。

細かい文章や、HTMLによるスタイリング、写真の挿入とかは後回し。先に全体の枠を「こんなんでどうすか」と見せておくと、直前になって完全にズレてた、みたいな納品事故が起こりにくくなります。

やっぱりね、僕の知る限り、プロとして長く食ってる人は、自由でハッチャケてるように見えて、この辺キッチリしてます。

5,道具に投資する(そして回収する)

仕事に使う道具には、惜しみなくお金を使いましょう。

良い道具は、あなたの能力を大幅に向上させてくれます。お金出すだけでパフォーマンスが上がるんですから、こんなに分かりやすいこともありません。

ここで大事なのは「回収する」という感覚。お金をかけてオシマイ、じゃなくて「その道具を幾らで買って、どれくらいで幾ら回収できたのか?」を見る必要があります。

道具への「投資」と言うからには、そこはシビアに見ましょう。

僕は仕事柄、いろんなデジタルガジェットを買うんですが、どのガジェットも、購入から3ヶ月くらいでしっかり元が取れてます。

 

仕事で使うのはもちろんですが、購入方法、使用レビュー、周辺ツールについて書くだけでも、しっかりと回収できるので、いい時代です。

(僕のブログで最も検索流入が多いのは、実はGoProやRIMOWAについての記事だったりします)

まだそのまま使ってるの?僕がGoPro(ゴープロ)を100倍便利にした10のアクセサリーを紹介します

ドイツでRIMOWA(リモワ)のスーツケースを世界一安く買う方法まとめ

そして、回収したお金で、さらに良い道具を…という正のスパイラルを作るのが理想ですよね。

6,1ミリでもいいから毎日進む

これも大事。とにかく、毎日少しでも手を動かすことです。

ここでは、自分の「やる気」をアテにしないこと。

人間の脳、特に海馬について知るとわかりますが、やる気というのは、実際にやりはじめることで湧いてくるものです。

なので、やる気が無くてもとにかくやる。机につくだけ、ソフト開くだけ、1枚だけ、一行だけでもいいので、とにかく毎日、始めてしまうのが大事です。

始めてしまうと案外、一気に仕上げられてしまうこともあります。(「作業興奮」といいます)

 

人と比べるのは、意味がないので止めましょう。超えるべきは常に「昨日の自分」だけ。地道に、かつ悠々といきましょう。

それでも全く手が動かない人は、鬱や副腎疲労による脳内ホルモン異常の可能性もあるので、さっさとお医者さんに行きましょう。

 

とにかく毎日、1ミリでも進むことを意識すると、確実に創作の能力は上がります。

うまく行ってる人って、最終的にはやはりみんな努力家です。それも長期に渡って努力しています。

継続は力なり。

7,身体をしっかりメンテナンスする

「独立or起業する!」と相談してくれる人に、僕が絶対に言うことの一つに「身体を鍛えろ」というのがあります。

身体のメンテナンスは、頭脳労働者やクリエイティブワーカーほど、しっかりやりましょう。

独立すると、メンタル病む人の多いこと多いこと。

そしてメンタルの不調が、身体から来てることが多いこと。

仕事最優先になりすぎる→フィジカルが弱る→パフォーマンスが下がる→結果が出ない→さらに仕事ばかりやる→余裕のないオーラが出始める→結果が出ないと病みつつさらに仕事…

という悪いスパイラルにハマる人は少なくありません。

 

僕も割とやる気ナシ&鬱っぽいのがデフォルトなので(笑)、

  • 熱い風呂に入る
  • がっつり筋トレ
  • タンパク質をしっかり摂る
  • ちゃんと寝る
  • 座禅、瞑想
  • 定期的に健康診断を受ける

などはほぼ常に行っています。

これについては、けっこう大事なので、また別の機会にがっつり書きたいなと思います。

まとめ

そんなわけで、改めて結論を書くと

きらこう

長く活躍し続けるクリエイターが実践している習慣は、

  1. はじめにざっくり全体を考える
  2. 大量のインプットをする
  3. ヘタでもいいので、仕上げて見せる
  4. 締め切りや納期を守る
  5. 道具に投資する(そして回収する)
  6. 1ミリでもいいから毎日進む
  7. 身体はしっかりメンテナンスする

の7つです。

以上が、長く活躍し続けるクリエイターが実践している「7つの習慣」の話でした。

長文読んでくださり、感謝します。

明日も、よい人生とよい明日を。

WordPressを動画で学ぼう!

WordPressブログのつくりかたが分からない!という方のために。
400人以上を対面で教えた内容を、動画講座にしました。


ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。映像&WEB專門の旅人。
 大学中退後に起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物をカバン2つに減らして世界一周へ。

 Macとドローンを持って旅しながら、世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では400名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。