ゴールデンウィークというクソ文化を今すぐ廃止すべき理由と方法

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。

「ゴールデンウィークは今すぐに廃止してしまえ!」という話。やや長いです。

結論を先に書くと

キラ

ゴールデンウィークは、日本の観光産業のレベルも個人のQOLも下げるクソ文化。今すぐやめちまおう!

具体的には
①GWを無視しよう
②有給をもっと取ろう
③バケーションしよう
の3つを個人でやろう!

無理!とか思う人は、労働価値が死人以下だぞ!

という内容です。

今日から日本はゴールデンウィーク

こんにちは、キラです。

27日。日本ではGW(ゴールデンウィーク)に入る日ですね。

今日はこのGWの悪口を書きますw

 

「日本の観光産業のため、また日本人のQOLの向上のためにも、ゴールデンウィークは今すぐ廃止すべき」と主張したいんです。

GWは日本の観光産業のレベルを下げている

僕ね、個人的にGWがとても嫌いなんです…。

日本の交通・宿泊の費用は上がるし、どこも人が増えるしで…。

 

移動やホテル宿泊の多い僕にとっては、日本周辺にいるととてもストレスフルな期間です。

というわけで、GWはいつも以上に働いてます。

 

近年は、個人的な理由だけでなく、GWは日本社会の害悪だ、という考えが強くなり、さらに嫌いになっているんですよ。

 

最近いろんな国や街を旅して、「日本は観光産業をもっと伸ばすべき」という考えが強くなりました。

そしてGWは、「日本の観光産業や働き方の問題点を煮詰めたようなクソ文化」だと分かり、さらに嫌いになったワケです…。

高い金で低レベルのサービス

休日が少ないと思われがちな日本ですが、実は世界で五番目に祝日が多い国なんです。

ただ、働く人の多くはその土日祝日にしか休みが取れません。

そのせいで、国内観光客は一時期に集中しがちになります。

その一番の例がGW。

 

この時期、各観光地やホテルは、ほぼ努力しなくても観光客を呼び込めます。

需要が高まるので、値段はアホみたいに上がります。

 

しかし受け入れる側からすると、来る人が多すぎるので、一人ひとりに対して「おもてなし」なんか出来ません。

いかに客を効率的に客を”捌く”かが重要になってきます。

つまり、ホスピタリティより効率性重視になってしまうんです。

 

結果的にどうなるか。

受け手も「高いお金を払って低レベルのサービスしか受けられない」ということになります。

一部サービス業などに負担

これは僕が妄想で言ってるワケでなく、クライアントや友人、知り合いの接客業、旅館業、テーマパーク業、飲食業の方々に実際に聞いた話を基に書いています。

 

日本で一番人気なあのテーマパークに勤務するMさんは

その通り、GWは人が多すぎて、お客さんをいかに”捌く”かしか考えられません…

と。

ひと月くらい前からGWのことを考えると鬱ですよ…

とも。

働く人のQOLの低下が明らかに見られ、要は

既に問題視されていることですが、一部業態業界におけるGWの負担はけっこうデカいです。

キラ
みんなで一緒の時に休むって、何一つ良いことなくない?ファ◯キンGW

と強く主張したいワケですよ。

多くの人にとっては「何もできない連休」

で。こういう調査も出ています。

『10連休「自宅でゆっくり」が7割超 節約志向も 明治安田生命アンケート』

 

つまり、ほとんどの人が、休みがあっても「ゆっくり家にいる」と。

休み方なんて人それぞれなんですが「ちょっと自宅ゆっくり派多くない…?」と僕は感じます。

 

可処分所得が少なく、休みの日の選択肢も少ない人にとっては、料金が高く人が多いだけのGWは「結局何もできない連休」になりがちなのでは。

これは、働く人だけでなく、日本に暮らす多くの人のQOLを毀損していると言っていい問題でしょう。

何度でも言ってやりますよ。ファ◯キンGW。

GWの由来は?「大型連休に皆で休む」スタイルが前時代的

ではそもそもなぜ、「みんなで一緒に休む」なんていうクソッタレ文化が一般化したのか?

おそらくは、日本の大量生産&大量消費時代、または工業製造業による経済成長時代の名残です。

 

要は、工場みたいに「みんなが同じ場所で同じような仕事をして、同じモノをたくさん作ってたほうが効率が良い」時代があったと。

で、その時代においては、毎日ポツポツと欠員が出ても困るので、休む時は全員同じ日に、というのが効率が良いワケです。

「ゴールデンウィーク」の名前は映画会社がつけた

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が1951年ごろ「飛石連休」を「ゴールデンウィーク」と言いだしたのが始まりらしいです。

「みんなが休みのGWは、映画を見にきんしゃい」という宣伝用に。

 

つまり日本人は70年くらい同じような休み方をしていると。アホかと。ファ◯キンGW!

日本の問題点は「ソフトウェアの古さ」

思うに、日本が(先進的な国、シンガポールや中国の一部都市などと比べて)ダメな点は、「ソフトウェア・アップデートの遅さ」です。

人や社会の実際の動き(ハードウェア)が変化しているのに、文化や制度や法律など(ソフトウェア)のアップデートがとにかく遅い。

新しい社会に対して、古い仕組みで動かそうとして無理が生じているんです。

 

例えるなら「最新のウインドウズPCに、未だにXPが入ってる」みたいな感じです。

満員電車(定時通勤)、ハンコ&紙文化、年功序列、…など、社会と噛み合わず腐りかけている文化や制度が多くありますが、GWも間違いなくその一つといえるでしょう。

 

こういう文化については、以下の記事にもいろいろ書いています。

GWに替わる案

以上の理由から、僕は個人的にも社会的にも、GWが大嫌いマンなのです。

ただ、文句だけ言ってもアレなんで、具体的に僕らが個人で何をすればよいのか、についても書いてみます。

結論を先に書くと
①GWを無視しよう
②有給をもっと取ろう
③バケーションしよう
の3つです。

日本は何をすればよいか?①GWを無視

まずはね、サラリーマン、フリーランス、経営者、各々の皆さんで、GWを無視しましょう。

「GWなんてクソだ、俺はGWに働いて他の日に休む」という意思表示を高らかにしましょう。

日本は何をすればよいか?②有給をもっと取ろう

そして宣言どおり、別の日に休みましょう。

できれば、大切な人と日にちを合わせて。

 

土日祝日以外のお休みは最高です。

どこへ行くにもゆったり、高いレベルのサービスをお安く受けられるでしょう。

 

まずは有給を消化!そして「もっと休みてえ!もっとサボりてえんや!」「でも社会に価値を生み出すんや!」という飽くなき欲求を持ち、さらに休めるよう本気出しましょうw

日本は何をすればよいか?③バケーション

できれば、そのおやすみをまとめて長期で取りましょう。

長めの旅に出られればなお良いでしょう。

自分だけの「バケーション」をデザインするんです。

 

僕は割と真面目に、今の日本人に必要な文化は「バケーション」だと思っています。

 

「ゴールデンウィーク」から「個人が選ぶバケーション」へ移行して国内観光客が均されれば、

上記のGWの問題が解消されるほか、日本の観光産業全体でもより大胆な設備投資が可能になり、産業全体が伸びるでしょう。

 

そして、働く全ての大人に「夏休み(あるいは春/秋/冬休み)」のようなものが出来るのは良いことです。

一年に区切りができ、生活にもメリハリが生まれるかと。

つまり、個人のQOLが上がります。

 

人生をよくする旅に関しては、以下の記事に書いてみました。

「そんなこと無理」という人へ

この代替案に対して「そんなの絶対に無理」と思う人、一切のビジョンが見えてこない…という人は、誠に失礼ながら

キラ
70年前の工業製造業みたいな働き方してんじゃない?

と言わざるを得ません。

 

以前も「「労働」を憎み「価値やお金を生む仕組み」を作ろう。」という文を書きましたが、「労働」と「価値(あるいは稼ぎ)」というのはイコールじゃありません。

 

わかりやすく言えば、フレディ・マーキュリーなんか死んでなお「音楽による感動」というデカい価値を生み出し、たぶん僕よりアナタより稼いでいます。

 

休みなんか取れるハズないだろ!という人に聞きたい。

アンタの労働価値は死人以下か?と。

 

フレディほどは無理にしても、「自分が仕事で生み出す”価値”は何か?」に今一度向き合い、自分が休んでもそれを生んでくれる仕組み作りにフォーカスしましょう。

頂いたコメント

このような投稿に対して、FBの投稿からも多数のコメントを頂いています。

Nさん
本当にやめた方がいいですよね!
キラ
多数の人にとって都合が良いから残っている制度だと思うのですが、個人個人はボイコットしていっていいんじゃないかと思いますw

 

Nさん
大型連休は海外に逃げます。
キラ
良いですね!ただ、日本から出る便なども全てゴールデンウィーク価格になっているのもやはりキツいですねw

 

Oさん
まったくもって同じことをこないだ話してたよ。
それよりどこかで一カ月の休暇が義務付けられるほうがよっぽどいい
キラ
仰る通りだと思います!それぞれの1ヶ月休暇、実現すると絶対良いですよね…。
まずは個人個人が叶えていけたら良いかなと。

 

Oさん
読んでて感動しました。仰る通りだと思います。
私もGWは仕事を詰めてます。
あと、ソフトウェアアップデートの遅さも吉良さんの仰る通り異常です。不動産業なのですが、なぜ未だに契約書をいちいち郵送でやり取りせんといかんのか。。。
キラ
形骸化されたシステムに関しては、不動産業などは一番顕著ですよね!心中お察し致します。
やはり未だに書類も郵送なんですね…!

 

今回の10連休は最悪です!お客様がgw休むため、昨日は尋常じゃない発注量。納期は何故かgw開けてすぐ。
つまりgwは働き詰めです。でも、キラさんのコメント見て元気貰いました。
gw働いた分、平日まとめて休むぞ!
キラ
納期GW明けはやばい!!
結局、仕事の押し付け合いみたいになりがちですよね。
平日、たくさん休んでください!

 

Sさん
ってか、みんな国籍喪失してドバイとか香港の国籍取って自由人になればええやん。(笑)
キラ
日本のパスポートはかなり優秀なので、日本国籍は所持しつつ、複数の国にビザや永住権を持って、経済活動や税金もそっちで…って、悪いおじさんが仰ってましたwゴホンゴホン。

 

Sさん
私も全くもって同感です。
私の会社ではスタッフにはGWを外して休みを自由に取れるようにしてます。
弊社の賢いスタッフはGWは出勤して、GWが終わる5月7日から連休を取って海外に行く予定手配をしてます。
チケットも格安でガラ空きですからね(^^)
しかし、悲しいかな…小学校の娘がいる私においては学校の休みに縛られるため、通常通りの休みを取らざるを得ないんです(゚∀゚)
こればっかりは何とかならないものですかねー(・∀・)
キラ
おお、さすが!素晴らしい会社ですね!
小学校とかはかなり難しそうですね…!
ひょっとすると、一部ホームスクーリングを選択して、自由度を上げていく人も増えてくるかもしれませんね。だいぶ先の話ですが。

まとめ

クッソ長くなりましたが、GWの悪口をツラツラと書きました。

結論を再度書くと

キラ

ゴールデンウィークは、日本の観光産業のレベルも個人のQOLも下げるクソ文化。今すぐやめちまおう!

具体的には
①GWを無視しよう
②有給をもっと取ろう
③バケーションしよう
の3つを個人でやろう!

無理!とか思う人は、労働価値が死人以下だぞ!

という感じでした。

長文読んでくださり、感謝します。

 

それでは今日はこのへんで。

明日も、よい人生と良い旅を。

 

当ブログについて

当ブログBack Pack Hack(バックパックハック)では「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創る人」のための情報をお届けしています。

専門領域は、動画、ブログ(WordPress)、旅。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください。

Twitter

Instagram

Youtube

Facebook

旅の一分動画「TR1P」FBページ

ご依頼・お問合せについても、SNSからダイレクトメールでどうぞ。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。