32の誕生日と、日常にある「死」の話。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コンテンツカンパニーMOOV代表。鞄2つで旅して暮らして仕事するミニマリスト。旅/動画/WPブログに強いひと。
WordPress講習実績たぶん日本一(15時間×720名講習)。当ブログ「BackPackHack」や、旅するクリエイターのコミュ「CARAVAN」など運営。座禅・懸垂・サウナを愛する男。

以下長文になるんですが、以下要約すると
・生きる上で大切なことって死ぬ前後にあるよね
・仕事もだけど、死んだ後も残るコンテンツ作りたいので頑張ります
・とことん旅して暮らしてみます
という内容です。

誕生日。32歳になりました。

こんにちは、キラです。

「ゴッドの日」こと5/10は僕の誕生日です。

32になりました。あざす。

常々、年齢を数えることにあんまり意味はないな…とは思ってます。

しかしながら、区切りってのは大事ですね。

お陰様で、僕は心身ともにたいへん健やかです。

去年の人間ドックでは「えっなんで来たの?」と言われるくらいに健康でした。

良い人生をいただいてると思います。

それも、周りにいてくれる皆様のおかげです。

改めて、ありがとうございます。

人生で大切なことは「死」が教えてくれる

さて。なにかの区切りのとき。

僕もよく「人生」について考えます。

「人はなぜ生きる?」や「幸福は人生の目的たりうるか?」から

「まだ食ったことない動物の肉ってないかな」までw

で。最近はこう思うんです。

「人生で本当に大切なことは『死』の前後にしか無いんじゃないか」と。

つまりは、

①死ぬ直前に思い出すこと
②死んだ後に遺すもの

だけが、本質的には大事なんじゃないかと。

①死ぬ直前に思い出すこと

①死ぬ直前に思い出すこと というのは、死ぬときに
「こんな人と過ごしたこんな時間は良かったな」とか
「あれやっとけばよかったな」とか
「ああ最期にアイツに会いたいな」とか。

そういうふうに思い返しそうなこと。

これらを大切にしていき、また後悔しないようにしていきたいな、と思うわけです。

②死んだ後に遺すもの

②死んだ後に遺すもの というのは、
子供や家族のような「gene」と、
名前、作品、文化、仕事のような「meme」の両方ですね。

自分の葬式のときに、どんな人が来てくれて、

また何をしたどんな人だったと言われるのか。

これらもしっかり遺していきたいなと。

そんなふうに、僕は自分の人生について「死」をセットに考えることが増えました。

「死」は日常の中にある

で。このへんは人によって考えが違うと思うんですが、

僕は「死」というのは「日常の中にあって、すこしずつ吸い込んで生きてる」ようなものだと捉えています。

つまり、生と分かれて離れた場所にあるモノではなく、

生の中にグラデーション的に溶けこんでいるモノだと。

僕がそう感じるのはたぶん、日本以外の多くの国を訪れて、

いろんな軽さで扱われるいろんな命を見たからかな、と思います。

そして日本でも、日常の中に「死」はあります。

最近なら、震災やパンデミックですね。

僕も、4年前の熊本地震を経て徹底した断捨離を行い、

仕事をしながら世界一周、その後も旅しながら生活してみて、

今回のCOVID-19騒ぎで世の中もリモート化したおかげで、

僕の仕事/生活スタイルは「完成」した感があります。

そういう感じで、生の中に時々ピリリと死を感じて、

考え、動く昨今だったなと思い返してます。

最近の仕事と生活のこと

最近仕事では、Webコンテンツ制作とマーケティングコンサルを行う「MOOV(ムーヴ)」代表として、

大手外資系企業などのPRやコンテンツ制作、コンサルなどを行ったり。(実績多数。ご相談などお気軽にどうぞ!)

オン/オフラインでWordPress講習会をずっと行ってたり。

(15時間の講習受講者が740名を超えました!すごい)

「CARAVAN」という旅人とクリエイターのためのコミュニティ」も運営し、
WEB系のクリエイターはもちろん、経営者、士業、医師、建築士、自衛官、外資系エリートも団員に居たり。

コミュ内だけでも、工場、畑、バー、テントサウナまで揃ってたりw

そしていずれの仕事も「場所に縛られない」ので、

僕自身は常に好きな場所にいられる状態です。

これは一朝一夕でやったワケでなく、

熊本地震から4年かけて仕込みました。

人の心に刺さり、世界のどこでも伝わるコンテンツを創りたい

最近は、「人の心に刺さり、世界のどこでも伝わるコンテンツをつくりたいな」
というのが特に強いです。

僕にとっての「死んだ後に遺すもの」ですね。

僕の場合「ストーリー/音楽/映像」に特にパワーを感じるので、
すぐにお金になる!というモノでなくても、これらも創っていきたいと思います。

とことん旅して暮らしてみます

先述の通り、4年前の断捨離と3年前の世界一周から始めた、「カバン2つだけで旅するように暮らす」生活は、

今回のパンデミックで(活動範囲は一時的に制限されるものの)完成された感があります。

主に、「クライアントさんも社会もみんなリモートワーク になった」という理由でw

痴がましいですが「時代がついてきた」感がありますw

僕の場合だいたい、1週間〜1ヶ月同じ街にいる方が調子がいいようで、今まさにそうしています。

COVID-19騒ぎが終わったらまた、世界中の好きな場所に1ヶ月ずつ住みながら回る、というのをやろうかと。

32歳。

「バランスを取りつつも、めちゃ走り抜けるるな」という感じがあり、正直超たのしいです。

重ね重ね、いつもありがとうございます。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

P.S.なんかくれてやるよ、という方へ

「めでたいな!なんかくれてやるよ!」という方はぜひ、
Amazonギフト券を「kohkira★gmail.com」宛にくれてやってください。
(★を@にかえてね)

もっともっと勉強して、もっとアウトプットさせていただきます。

いつも、ありがとうございます。

https://www.amazon.co.jp/Amazon%E3%82%AE%E3…/dp/BT00DHI8G4

それでは今日はこのへんで!

今年も、よい人生と良い旅を!

こちらの記事も、あわせてどうぞ。

旅するクリエイターのためのコミュニティ

「CARAVAN(キャラバン)」という、旅するクリエイターのためのコミュニティを運営しています。

・WordPressブログや動画制作に関しての質問し放題
・多業種で稼ぐメンバー多数
・オンライン&オフラインでの交流と勉強会
…他多数できて、月2980円!

当ブログについて

当ブログBack Pack Hack(バックパックハック)では「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創る人」のための情報をお届けしています。

専門領域は、動画、ブログ(WordPress)、旅。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください。

Twitter

Instagram

Youtube

Facebook

旅の一分動画「TR1P」FBページ

ご依頼・お問合せについても、SNSからダイレクトメールでどうぞ。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

コンテンツカンパニーMOOV代表。鞄2つで旅して暮らして仕事するミニマリスト。旅/動画/WPブログに強いひと。
WordPress講習実績たぶん日本一(15時間×720名講習)。当ブログ「BackPackHack」や、旅するクリエイターのコミュ「CARAVAN」など運営。座禅・懸垂・サウナを愛する男。