【写真】RIMOWA(リモワ)のスーツケースにステッカーをベタベタ貼ってみた

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

RIMOWA(リモワ)を愛でる

こんにちは、キラです。

 

今回は、特にノウハウとかなく、

ただ「ステッカーをベタベタ貼ったRIMOWA(リモワ)のスーツケースっていいよね」

と言って写真を見せるだけの内容ですw

 

写真を見て「あーいいっすねー」となった人はぜひ、

「旅しながらRIMOWAにステッカーベタベタ貼る族」の仲間になりましょう。

RIMOWA(リモワ)とは?

RIMOWAってなに?どこでどんな風に買ったの?という人は、ぜひコチラの記事↓から読んでみてください。

ドイツでRIMOWA(リモワ)のスーツケースを世界一安く買う方法まとめ

ドイツのフランクフルト空港で、限定モデルのRIMOWAスーツケースを買ってきた

まあスーツケースのブランドですね。

上記記事は、ドイツ在住の人気イラストレーター、高田ゲンキ氏にもお褒めのコメントをいただきました(笑)わーい!

僕は普段、このスーツケースとバックパックというカバン2つに、

必要なものを全て詰めて、生活や旅をしています。

 

それでは、さっそくいきましょう。

購入時

さて、最初は購入時の写真。

まっさらな、クラシックフライト35リットル。ドイツのフランクフルト空港で買いました。

ドイツ フランクフルト空港 RIMOWA リモワ 限定

 

右上に付いている丸いマークが、ルフトハンザ航空限定モデルのマークです。

ドイツ フランクフルト空港 RIMOWA リモワ 限定

最初のステッカーをぺたり

最初は、ちょうど貰っていた「Japan」のステッカーをペタリ。

ドイツ フランクフルト空港の限定RIMOWA リモワ

 

スーツケースを買った時についてきたステッカーも貼ってみます。

ドイツ フランクフルト空港の限定RIMOWA リモワ RIMOWA リモワ スーツケース ステッカー

どんどん増えてきた

そういや、昔beatsのヘッドホン買った時のステッカーあったな…とかを引っ張り出して、さらに貼りました。

んー、なかなか貫禄出てきましたね。

RIMOWA リモワ スーツケース ステッカー

 

裏側の方がさらにベタベタ感。

RIMOWA リモワ スーツケース ステッカー

あとはもっと、傷やベコベコの凹みがつくと、さらにいい感じになってきそうw

僕は旅のとき、全ての荷物を「機内持ち込み」だけで持っていくので、なかなか凹みがつかないんですよね…。

僕が使っている「クラシックフライト」

僕が愛用しているのは、Classic Flight(クラシックフライト)の35リットル、4輪モデルです。

全体がシルバーや銀色で、現代的な機能の「トパーズ」もいいですね。

僕は「RIMOWAといえば渋い銀色だろ!」と思っているので、

カラフルかつカーボン製の「サルサ」とかは認めてません(何様w)

 

しかしながら、機能性やコスパは高いと思うので、好みによってどうぞ。

黒はまだアリかも。ステッカーは映えませんが。

ステッカーベタベタ族の仲間にならないか

銀のRIMOWAを買ったら、ぜひステッカーをベタベタ貼って、ベコベコにして使い倒しましょう。

旅人の象徴感があっていいじゃないっすかw

君も、「RIMOWAステッカーベタベタ族」の仲間にならないか!

 

ステッカーは、各地で集めてもいいし、(やや邪道だけど)Amazonで買うこともできるみたいですw

そんなわけで今回は、「ステッカーをベタベタ貼ったRIMOWA(リモワ)のスーツケースっていいよね」

というだけの内容でしたw

 

それでは明日も、良い人生と良い旅を。

 

2018年4月追記:さらに旅して、ステッカーベタベタ、ベコベコ感がアップしました。

RIMOWA リモワ スーツケース ステッカー シール RIMOWA リモワ スーツケース ステッカー シール

やっぱ空港に映えますね。

修理も何回かしました。

良いものを長く使おう。ドイツで買ったRIMOWAスーツケースを、東京銀座で修理した話。

さらに使い倒していきます。

 

 

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。