Googleの認証がめんどくさい!という人へ。「2Captcha」の登録方法について

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。

今回の記事は、こんな人向けに書きました。

ブログを書いてると、Googleのキャプチャ(認証)がやたら面倒なことがあるな…。

または、

ネットショップを運営していて、仕入れは自動購入のBOTを使ってるんだけど、キャプチャが邪魔!

何かラクにできるツールはないの?

そして結論はこんな感じ。

キラ
「2capcha」という自動ツールがあるんで、あまりに面倒なときはどうぞ!

今日も頑張る、ブロガー同士諸君へ

こんにちは、キラです。

今日も元気に、世界のいろんな場所を旅しながら、映像撮ってブログ書いています。

 

今日は台湾の台中。

12月半ばだけど27℃とやたら暑いので、ホテルでブログをコリコリ書いています…。

 

僕も含む多くのブロガー/メディア運営者は、ほぼ毎日のようにブログを書きますよね。

その時に頻繁に行うのが、Google検索。

色々調べながら、よりよい文章を書こうと頑張るわけです。

 

そして、中級者以上なら知っている「Fetch as Google」

公開した記事を、Googleさんに「これ書いたよ、早く見て検索に反映させてね」とお願いするやつです。

「Googleの認証めんどくさすぎ」問題

しかしこの2つの作業、つまり①検索と、②Fetch as Google には、

おじゃま虫が時々現れます。

それが、Googleによる認証。

こんなのです。↓

つまり「お前機械じゃないよな?人間だよな?」とGoogleさんが確認をしてくるワケです。

これがね、数が増えるとまあ〜めんどい。

 

ブロガー以外でも、ネットショップ運営をしている方が、

仕入れ商品の自動購入をする際などに、このcapchaが邪魔になるみたいです。

Googleの認証って何?なんのためにあるの?

Googleの認証ってなに?何のためにあるの?

と思った人のために、一応説明を。

Googleの認証システムは、簡単に言うと「変なロボットやシステムに変なことさせないための仕組み」ですね。

 

例えば、

「特定の検索ワードからサイトにクリックして、PVをかさ増しする」ということを、

「システムを作って、自動的に何万回も行う」といった不正行為。

これらを防ぐためにあります。

 

ロボットを通さない検問、みたいなもんですね。

Googleの画像認証がヤバい


このGoogleの認証システム、もちろん大切なものです。

これによって、いろんな不正行為が防がれているわけですから。

しかし、時々えらく面倒です。

 

ただチェックつけるだけのものならまだ良いんですが。

時々「この中から◯◯の画像を選んでください」というのもあります。

それがコレ。

お店って!!どれや!!

 

文字認証系も、時々ヤバいのがあります。

なんて書いてあるの…。

「大文字と小文字は区別されません」って、いやそれ以前の問題なんすよ。

 

このように、Googleによる認証は、時々すごく厄介なことがあります。

「2CAPCHA」を使ってみた

この認証作業、1回や2回であれば、ちゃんと自分でやるのが良いです。

ただ、数百回に及ぶ作業が必要な場合は、一時的にツールを使うのもいいでしょう。

「今まで書いたブログ記事をまとめてFetchしたい」みたいな時とか。

 

今回は、そのツールの1つとして、「2capcha」というサービスを使ってみました。

「2CAPCHA」って何?

「2CAPCHA(ツーキャプチャ)」は、上であげたような面倒な認証作業を、自動化してくれるサービス。

「面倒な認証作業を、簡単にすばやく、代わりにやってくれるよ」と。

BOTやシステムではなく、サービスの向こうで人力でやってるぽいですね。

 

公式が出している動画があるので、こちらもどうぞ。↓

「2CAPCHA」の使い方

実際に、使い方を見ていきましょう。

こちらも動画があったので、どうぞ見てみてください。

こちらは英語版。

やり方はこの動画のままなんですが、実際に細かく使いかたを見ていきましょう。

まずは登録

「2CAPCHA」のページへ進んだら、

まずは右上赤枠でかこんだ「Register」(登録)へ進みましょう。

 

そして、 メールとパスワードを設定。

終わったらREGISTERボタンを押しましょう。

登録アドレスに確認のメールが届くので、メール内にあるリンクを開けば登録完了。

APIキーの取得

ログインが完了したら、実際に使用する際に必要になるAPIキーを取得していきます。

引用元 http://mongo.s25.xrea.com/x/wp/archives/2238

ページが“I’m a Customer”であることを確認し、2Captcha APIを選択します。

 

「captcha KEY」と書いてある部分がAPIキー。

このAPIキーが2CAPCHAを各種BOTと紐付ける時に必要です。

どこかにメモっておきましょう。

2CAPCHAへ入金

ここまで完了したら、キャプチャ解除のための入金が必要です。

金額は、公式サイトを見ると、

$0.85 Per 1000 Normal captchas
$2.99 Per 1000 ReCaptchas

とのこと。

つまり、チェックだけの認証クリアなら、1000回で0.85ドル。

文字認証などなら、1000回で2.99ドル。

 

問題なさそうなら、「Deposit(支払い)」へ進みましょう。

支払いはクレジットカードかPayPalが使えますが、

個人的には、保証も充実しているPaypalがおすすめです。

 

「Please insert the amount you want to add」に金額を入力して、「Add fundsをクリック。

そのあと、必要事項を入力すれば完成です。

支払いが完了すると、メールが届きます。

その後ページを更新して左上のBalance:の欄に支払った額が入っているか確認してください。

 

反映されるのは1〜60分間かかることもあるそうです。

登録はここまで!お疲れ様!

まとめ

というわけで改めてまとめると、

今回の記事はこんな人のために書きました。

ブログを書いてると、Googleのキャプチャ(認証)がやたら面倒なことがあるな…。

または、

ネットショップを運営していて、仕入れは自動購入のBOTを使ってるんだけど、キャプチャが邪魔!

何かラクにできるツールはないの?

そして結論はこんな感じ。

キラ
「2capcha」という自動ツールがあるんで、あまりに面倒なときはどうぞ!

長文読んでくださり、感謝します。

それでは今日はこのへんで。

明日も、よい人生とよい旅を。

当ブログについて

当ブログBack Pack Hack(バックパックハック)では「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創る人」のための情報をお届けしています。

専門領域は、動画、ブログ(WordPress)、旅。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください。

Twitter

Instagram

Youtube

Facebook

旅の一分動画「TR1P」FBページ

ご依頼・お問合せについても、SNSからダイレクトメールでどうぞ。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

 1988年生まれ。旅のクリエイター/起業家なひと。専門領域は旅/WordPressブログ/動画。鞄2つで旅して撮ったり書いたり。
 大学中退➜WEB制作会社4年経営➜熊本地震をきっかけに断捨離➜世界一周➜現在も旅しながら当VLOG「Back Pack Hack」や旅の1分動画「TR1P(トリップ)」など。WordPress講習実績はたぶん日本一(15時間×663名に講習済)。