【保存版】適当に始めちゃダメ!ウェブサイトやブログを「本気で」作る前に考えるべき8つのこと

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。映像&WEB專門の旅人。
 大学中退後に起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物をカバン2つに減らして世界一周へ。

 Macとドローンを持って旅しながら、世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では400名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

今日の内容を一言で

今回言いたいことを先に、超ざっくりとまとめると

下準備は大事だよ。コンセプトを決めて、キーワードを調べて、コンテンツ内容を決めていこうね

ということです。

最近のおさらい

このブログでは、以下のような記事で、主にWordPressを使った、ブログやウェブサイトの作り方や運用の仕方について紹介してきました。

【記事まとめ】今年こそ、WordPressでブログ&ウェブサイトを作ろう。

拡散を狙え!WordPressの「All in One SEO Pack」でOGP設定をしてアクセス数を増やす方法

完全保存版!WordPressブログにおすすめのプラグイン23選

正直なところ、初心者はヘタに考えるよりは手を動かして実際に作りながら学んだ方が良いです。

ただ、ある程度要領を掴んできたら、新しくブログやウェブサイトを作る時には「下準備」をしっかりするコトを強くオススメします。

 

「下準備」とは主に、実際に手を動かす前に考えたり決めたりすること、と考えていいでしょう。

 

もちろんしなくてもブログやサイト作りはできるのですが、

ブログやサイトを何らかの形で仕事に繋げたかったり、「本気で」やって行きたいと考える人にとっては、今回の内容は必見です。

「下準備」をしないとどうなるのか

では、その下準備がどうして必要なのか。理由は以下のようにまとめられます。

 

・ブレてしまう。

ブログやサイトのアクセスアップというのは、長期の地味な戦いです。

つまり、サイトをパッと作っておしまいではなく、その後の更新がとても大事になってくるのです。

 

よって、下準備の段階でキチンと「核」の部分を決めておかないと、

何を書いたらわからなくなるし、優先順位は見えなくなるし、自信はなくなるし…と、ブレブレになってしまいます。

 

そうならないよう、長期の戦いに備えて、決めるべきことはキッチリと決めて、

最初の下準備をしっかりしておく必要があるのです。

ワードプレス ブログ アクセス SEO

・SEOができない

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」、

ザックリ言うと、Googleの検索結果で上の方にいくためにやる色んなこと、という意味です。

 

このSEOは、サイトのアクセスアップにとって、とても重要です。

 

そして、このSEOで一番最初に考えるべきは「どんな言葉で検索されるのか?」ということ。

すなわち、「キーワードの選定」です。

 

当然ですが、サイトのコンセプトなどがしっかり決まっていないと、

どんな言葉で検索されるかも決まらないし、どんな言葉が実際に検索されているのかも、ちゃんと調べないとわかりません。

ワードプレス ブログ アクセス SEO

例えば、このブログの場合、「旅×テクノロジー」を軸にしています。

なので、それに関係する「旅に役立つアプリ」とか「おすすめスマホ」とか「WordPressについて」とか「ここに行って映像撮ってきた」などは適しています。

軸に沿った内容を書けば書くほど、どんどんアクセスが集まるし、一度来た人が色んな記事を読んでくれます。

 

しかし、「旅×テクノロジー」が軸なのに、「お墓の選び方」とか「宅建の資格について」とか書いても、関係が無さ過ぎて、良い効果は得られません。

ブログ内で共通のワードが出てこないし、訪問者も色々読んでくれないので、効率がとても悪いのです。

 

SEOにとってもやはり、下準備がとても大事なのです。

・ユーザーニーズが分からない

ウェブサイトやブログを作成する中で大切なのは「人がどんなキーワードで実際に検索を行っているか」を調べることです。

これを「キーワード調査」といいます。

 

これをやらないと、なんとなく自分の好みでコンテンツを作成することになってしまい、

ニーズを掴みきれず、アクセス数が伸びません。

 

逆に、このキーワード調査をちゃんとしていると、「どんな言葉がどれくらい検索されているのか」が、数字でキッチリ把握できます。

つまり、下準備をしっかりと行うことで、どんな情報が求められているか、自分が何を発信していくべきかが見えてくるのです。

・再現できない

ビジネスというのは、最終的には「数字」の世界です。

数字で表せないものは、その成功/失敗の要因がわからず、改善ができません。

 

ちゃんと下準備をして仮説を立てて検証。この繰り返しをすることで「何をどれくらいしたらどうなる」という尺度ができ、結果の再現ができるようになります。

逆に、再現ができないビジネスは最終的に、個人の才能やセンスに頼る不安定なものにものになってしまいます。

 

下準備の段階から、シュミレーションや予測をきちんとできるようになれば、

何度でも同じ結果を出すことができ、安定した仕組みを作ることが可能になります。

また、再現性を高めることで、人に任せたり、外部の人にも教えることができるようになります。

 

以上が、僕の考える、下準備が大事な理由です。

WordPress ワードプレス ブログ アクセス SEO

8つの下準備

さて、前置きが少し長くなりましたが、実際にやっていく準備というのは、以下の8つです。

1,目的を決める

2,コンセプトを決める

3,数字目標を立てる

4,コンテンツカテゴリを決定する

5,キーワード調査を行う

6,記事のアイデアリストを作成する

7,コンテンツ作成のスケジュールを決定する

8,デザインを決定する

 

早速、順に説明していきましょう。

1,目的を決める

下準備そのイチ。

まずは、目的をしっかりと定めましょう。

 

これはもちろん自由でいいのですが、沢山のアクセスを集めるサイトを作成する場合、

・個人や企業の知名度の向上

・ファンを増やすこと

・広告や商品販売などによる収入

・新しい人や機会との出会い

・人材採用

・事業のモチベーション向上と維持

などが、主な目的になることが多いでしょう。

 

まだ、細かい数字などは決めなくていいので「このためにやる」という大きな目的だけを、決めてください。

2,コンセプトを決める

目的が定まったら、それに合わせて、ブログ/ウェブサイトの核となるコンセプトを決めましょう。

 

これが曖昧になると、実際に作業を進めていくにつれて、

どんどん方向性がブレていってしまい、手が止まってしまいます。

 

逆に、これを最初に時間をとって明確にと決めておくと、

迷いが生じた時も、立ち返って修正することができます。

結果として、作業の効率は上がり、1で定めた目的を達成することができます。

このコンセプトを決める時に有効なのが、「5W1H法」です。

以下の内容について、まずは具体的に書いてみましょう。

・Who(誰をターゲットにしているか?)

・What(ターゲットのどのような問題を解決するか?)

・When(問題解決に必要な時間は?)

・Where(どこで問題を解決するか?※これは「サイト上の情報を通して」になることが多いでしょう。)

・Why(なぜ、自分がその問題を解決するのか?)

・How(自分は、どのようにして問題を解決するのか?)

WordPress ワードプレス ブログ アクセス SEO

これに答えることができたら、次はそれをザックリとまとめて一文にしてみましょう。

「◯◯のような人が持つ(Who)、◯◯という問題を(What)、

◯◯から◯◯くらいの期間で(When)、ブログ/サイトの情報を通して(Where)

◯◯な自分が◯◯という理由で(Why)、◯◯という方法で(How)解決する」

という感じになると思います。

 

これを一度決定したら、何も見なくても言えるくらいに、自分の中に落とし込んでおきましょう。

3,数字目標を立てる

2で決定したのは、あなたのブログやウェブサイトの「存在意義」です。

次に決めるのは、あなたがそのブログやウェブサイトを運営する上で達成すべき「数字」です。

これが無いと目的がどれくらい達成できているのかを測定することができません。

なので、必ず設定しておく必要があります。

 

この数値目標に関しては、とにかく「自分(自社)に合った」ものを設定する必要があります

自分(自社)に合った目標というのは

・目的にちゃんと合っていること

・ちゃんと、自分がやりたいと思えること

・調べればやり方が分かり、ある程度シュミレーションできること

の3つを満たしているものです。

 

目的に合致していなかったり、自分の中から出てきたものじゃなかったり、

やり方を調べてもまったく意味がわからずシュミレーションができないものは、

間違った目標といえるでしょう。

 

つまり、こんなのはダメです。↓

適当な人
特に意味もないし、やりかたも良くわかんないけど、半年で月100万PV!多い方がいいよね!

みたいなのはダメ。代わりにこんなのはGOODですね。↓

賢い人
この商品を1年で◯個売りたい。12ヶ月で割ると月◯個で、メルマガの反応率が◯%、ユニークユーザーのうち◯%がメルマガ読者になると想定して、PVは月◯万くらいかなあ

と逆算する感じ。具体的でしょ?

4,コンテンツカテゴリを決定する

次に、先ほど決めたコンセプトを元に、実際につくっていくコンテンツ(内容)を決めていきます。

コンテンツには、大きく分けて3つのコンテンツがあります。

 

・集客用コンテンツ

(とにかくアクセス数や見込み客を集めるためのコンテンツ。時事ネタやライトな話題、とにかく新規のアクセスが集まりそうなもの。)

・教育用コンテンツ

(サイトに来た人が、より深く内容を見てくれたり、リピーター/ファンになってくれるようなコンテンツ。コンセプトをより深く掘り下げて、専門性が感じられるもの。)

・販売用コンテンツ

(収益の獲得を目的としたコンテンツ。アフィリエイト等で他社商品の紹介をしたり、自分の商品を販売して、具体的な利益につなげるもの。)

こんな感じです。ブログやウェブサイトのコンセプトによって、

各内容は変わってくると思いますが、このブログの場合では

・集客用コンテンツ

→旅×テクノロジーというコンセプトには直接関係無いけど、時期的なイベントについて触れたコレ↓とか。

2016年センター試験を受けるキミと、かつて受けたキミへ。

大抵の人がちょっとドキッとしそうなタイトルのこれ↓とか

あなたの人生を邪魔する「行動できない3つの理由」とは?

・教育用コンテンツ

→「お、こいつ便利なのまとめてるなー、専門性あるのね」と思ってもらえる、こんなの↓とか

世界一周の夢を実現させるために必要な15の計画と用意

完全保存版!WordPressブログにおすすめのプラグイン23選

・販売用コンテンツ

→実際に新規登録してもらったらちょこっと儲かるこれ↓とか

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

こんな感じですね。

5,キーワード調査を行う

カテゴリを決定したら、次は、それぞれのカテゴリにどのようなコンテンツを載せていくかを、

Googleの「キーワードプランナー」をもとに考えていきます。

 

ここは、けっこう大変な作業なのですが、最も重要性も高いものです。

このキーワード調査が、あなたのブログやサイトのアクセス数を決めるといっても過言ではないでしょう。

 

SEOに関しては、年々変化が起こってはいますが、

結局のところ、「人にとって役に立つ内容を載せる」という方向にどんどん進んでいます。

細々としたテクニックを追うよりも、長く使える本質的な実力を身につけるためにも、このキーワード調査には力を入れましょう。

WordPress ワードプレス ブログ アクセス SEO

キーワード調査では、以下の内容をチェックした表を実際に作成していきましょう。

・検索キーワード

・月間検索数

・SEO難易度

・上位10サイトで使われている言葉

・ライバルサイト名

・ライバルサイトのURL

これらを、Googleキーワードプランナーや実際の検索で調べてみます。

先ほど設定したカテゴリの言葉で、どんなキーワードの組み合わせが実際に検索されているか、モリモリと調べて、どんどん表にまとめていきましょう。

 

そして、実際に検索されているキーワードを基に、記事を作成していくことになります。

具体的なやりかたは、この記事にがっつり書きました。

初心者でも分かる!WordPressブログSEOのためのGoogleキーワードプランナーの使い方

サイト立ち上げ後も、実践と検証を重ねながら、このキーワード調査に関しては、見直しを繰り返していきましょう。

 

重ねがさねいいますが、このキーワード調査はとても大事なので、

1〜2週間ほどの時間をとって、じっくりと取り組んでみましょう。

WordPress ワードプレス ブログ キーワード SEO

6,記事のアイデアリストを作成する

作成したキーワード調査の表を基に、表の中にコンテンツのアイデアを書き出してみましょう。

 

まずは、そのキーワードで、実際に検索をしてみましょう。

そこで上位に出てきた記事が、実際に読まれているものです。

タイトルをざっと見ながら、チェックすると共に、是非参考にしていきましょう。

さらにコツを言うなら、次の3つを満たすものを書くのがオススメです。

・人からのニーズのあること

・あなたの得意なこと

・あなたが好きなこと

 

もちろん一番優先すべきは、「ニーズがあること」です。

ここさえ満たしていれば、最悪、得意でも好きでもなくても、ある程度見られるサイトは作れます。

 

ニーズがあるものの中で、あなたが専門にしていたり得意とすることがあれば、それを書いていきましょう。

そして、それがあなたの好きなことなら、モチベーションも続いて最高です。

これも、大変な作業ではありますが、とても大事な作業なので、しっかりとやり込みましょう。

WordPress ワードプレス ブログ アクセス SEO

7,コンテンツ作成のスケジュールを決定する

ここまで来たら、初めて実行プランを立てていきます。

6で書きだしたコンテンツのアイデアを基に、記事を作成する順番とスケジュールを決めていきましょう。

コンテンツのスケジュール決めにおける分類は、以下の3つに分かれます。

 

・基礎のコンテンツ

サイト概要や問い合わせやプライバシーポリシーなど、サイトに最初に入れていくべきもの。

・教育と販売コンテンツ

4で紹介した、教育や販売に役立つ、セールスページや収益に繋がるページ。

・更新コンテンツ

4で紹介した、人を集めるコンテンツ。ここの質と量が集客力に差をつけてくれる。

 

この中で、基礎のコンテンツや教育と販売コンテンツは、サイト公開前に必要になります。

作るサイトの目的や規模によって、必要なページは違ってくるので、

しっかりとスケジュールを立てて、サイト公開前に用意できるようにしましょう。

 

一方で、更新コンテンツは、目標の数字から逆算して、

ひと月にいくつのコンテンツが必要になるかを出してみましょう。

 

そしてもちろん、それを作成するためのリソース(人や時間や労力やお金など)の配分もしましょう。

目標としたアクセス数や収益を達成するために、どれぐらいの記事が必要になるかは、キーワード調査の表から予測することができます。

WordPress ワードプレス ブログ コンテンツ 計画

8,デザインを決定する

ここまでができたら、サイト内が見やすくなるように、ブログ/サイトのデザインを組み立てましょう。

パフォーマンスの高いブログやサイトのデザインには、必ず以下の要素が含まれています。

 

・ヘッダー

サイトの一番上のところ。問い合わせや会社概要なども入れておきましょう。

・メニュー

「ナビゲーション」ともいいます。コンテンツをカテゴリーごとに見ることができるようにしておきます。

・サイドバー

コンテンツカテゴリやセールスページに誘導するためのリンクを設置

・ソーシャルシェアボタン

サイトに来てくれた人が、サイトを他の人にも教えてくれるように、各種シェアボタンを必要な場所にきちんと設置しておきましょう。

・質の高いコンテンツ

先ほどのキーワード調査をもとに、役に立つ内容を載せていきましょう。

・CTA

CTAとは「Call to Action(コール・トゥ・アクション)」の略です。サイトに来た人にやってほしいことを、コンテンツの真下などに設置しておきます。

 

あなたがどんなブログ/サイトを作るかによって、レイアウトは変わってきますが、

コンテンツに最も適したレイアウトを心がけて、各種ページのデザインを決めていきましょう。

まとめ

以上が、「ウェブサイトやブログを「本気で」作るときの下準備」でした。

超ざっくりとまとめると

下準備は大事だよ。コンセプトを決めて、キーワードを調べて、コンテンツ内容を決めていこうね

ということを書いていきました。

ちょっと大変かもしれませんが、

弊社の実践内容が、あなたの参考になれば幸いです。では!

WordPressでブログを作ろう!

WordPressブログのつくりかたが分からない!という方のために。
400人以上を対面で教えた内容を、動画講座にしました。


ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。映像&WEB專門の旅人。
 大学中退後に起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物をカバン2つに減らして世界一周へ。

 Macとドローンを持って旅しながら、世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では400名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。