ブログの印象は3秒で決まる!アクセス数とリピーター数を増やす具体的な知識と方法

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

今回の記事で言いたいことを先にまとめると

キラ

ブログでもなんでも「何を言うか」と同じくらい「誰がどう言うか」が大事。

印象に残るブログを書くために、漫画から学ぼう。

文章だけでなく動画・写真・イラストを多用して、

特に「ロゴ」には力を入れよう

という感じです!

印象に残るブログを作る方法

こんにちは、キラです。

前回、こんな記事を書きました。

PVを増やしたいブログ初心者必見。アクセスアップの鍵はTwitterとSEOにあり!!

 

ここでは、初心者向けにブログのPVを上げる方法を書いていったワケなんですが、

今日はこの先。

ただ多く読まれるだけでなく、「印象に残る」ブログの作りかたについて書きます。

印象に残らない!!

さて、ブログのPVが上がって来たら、次に出てくる壁はコレ。

「印象に残らない」という問題です。

せっかくサイトに訪問されても「ふーん」って感じですぐ離脱。

記憶にも残らない…という感じ。

できれば「おおお!これはどんなサイトなんだ!運営者はどんな人だ!」ってなって欲しいですよね。

そのための対策として

  • コンテンツよりコンテクスト
  • キャラとストーリーと世界観
  • 動画、写真、イラストを多用しよう

という解決法を用意しました。

なぜ「印象」が大切か?―「何を言うか」と「誰が言うか」

さて、そもそも。

どうして、ブログにおいて「印象」が大切なのか?

 

その確認のために、「コンテンツ」と「コンテクスト」の話をしましょう。

小難しい言葉は置いておいて、例を見せます。

下の言葉を見てください。

やりたいことをやりなさい。人生は一度きりなのだから。

今僕が適当に作った言葉です。

まあ、うん、そうだよね。くらいの印象だと思います。

 

さて、次にコレを見てください。

やりたいことをやりなさい。人生は一度きりなのだから。

―孫正義(ソフトバンク・グループ会長)

さあ、どうでしょう。

なんか一気にありがたみが増しました。

孫さんは実際言ってませんが、彼の名前をつけるだけで、なんかすごく良い言葉に見えてきました。

「だからSBグループはこんなに大きくなったんだなー」なんて勝手に考えちゃいますね。

 

その印象を大切にしたまま、これを見てください。

やりたいことをやりなさい。人生は一度きりなのだから。

―たかし(43歳・ニート)

…どうでしょう。

なんか腹たってきましたね。説教したくなります。

「おいたかし、お前そんなん言うてるからニートなんやぞ」と。

(たかしさん居たらすみません。)

 

言ってることは変わってない!なのに言う人が違うと印象が変わります。

これが「コンテクスト」です。

「コンテンツ」は、言葉そのもの。最初に出てきた黒背景の言葉です。

つまり、「何を言うか」。

「コンテクスト」は、孫さんとたかしの載ったスライドです。

つまり「誰がどう言うか」。

 

前者が大切なのはもちろんですが、後者もとっても大事です。

「印象に残るブログ」とは、この「コンテンツ」と「コンテクスト」両方を磨いていくことです。

そして、以前の記事で「コンテンツ」について書いたので、今回は「コンテクスト」について書いていきます。

キャラとストーリーと世界観

コンテクストのレベルを上げていくためにまず大切なのは、

ブログにおけるキャラやストーリーや世界観を意識していくことです。

現在、世界で一番長く多く読まれているのは「聖書」です。

「聖書」は、世界で最も初期の段階で、

「キャラ」を時系列で動かし「ストーリー」を紡ぎ、キリスト教の「世界観」を表現することに成功した本なんですね。だから残っていると。

これが、ただ教えを箇条書きしただけのものなら、聖書はこれほどまでに力を持っていないでしょう。

『スラムダンク』に学ぼう

ではこの「キャラと世界観とストーリー」を学び、考えるには何をしたら良いか。

僕はいつも「漫画を読め!」と言います。

 

例えば、さきほどのスライドをもう一度見てみましょう。

この背景の絵、人によって受け取り方が全く違います。

この背景のイラスト、何の漫画かご存知でしょうか。

そう。週刊少年ジャンプの名作バスケ漫画『スラムダンク』です。

 

では、これが何のシーンなのか知ってますか?

『スラムダンク』の漫画の中では最後の試合となった山王高校との試合。

最後の一本、仲の悪い桜木&流川が始めてチームプレイで逆転勝利をした後の、最初で最後のハイタッチです。

 

知っている人にとっては「名シーン来た!」となりますが、

知らない人には「??上手なイラストだね?」くらいの印象になります。

 

これが、ストーリーの力。

漫画を読んでいる人にとっては、1枚のイラストが泣けるくらいかっこいいシーンを思いださせるわけです。

『スラムダンク』を読んだことがない人は、ぜひ読んでみましょう。

人が見たいのは「成長の物語」。ビジョンを見せよう。

スラムダンクの例を上げるとあなたは「自分のブログじゃそんなの作れないよ!」と思うかもしれません。

「自分は実績もしょぼいし、才能やすごい話もないし…」と。

 

そんな人に思い出してほしいのが、「名作漫画の第一巻」。

『スラムダンク』の花道は、不純な動機でバスケを始める不良少年でした。

『ONE PIECE』のルフィは、小舟一つで船出したゴム人間。

『NARUTO』のナルトは、アカデミー落ちこぼれの孤児でした。

 

それが、最終的には本物のバスケットマンになり(スラムダンク)、懸賞金15億の5皇と呼ばれ(ONE PIECE)、戦争の英雄となり火影になりました(NARUTO)。

そう。人が見たいのは「成長の物語」なんです。

その始まりはとても小さいけれど、彼らは最初から「天才ですから」と自画自賛し(スラムダンク)、「海賊王に俺はなる!」と何度も宣言し(ONE PIECE)、「火影になるってばよ」と自らを鼓舞し(NARUTO)、その夢を叶えました。

 

彼らのように、自分の今の状況と将来のビジョンをさらけ出しましょう。

それが結果として、物語となり、世界観になります。

そして、人はそれに惹きつけられるのです。

写真・イラスト・動画を使おう

さて、コンテクストやそれを強めるストーリーの重要性がわかったところで、今から何をするか?

答えは簡単。文章だけでなく、写真・イラスト・動画を多用しましょう。

『スラムダンク』がこれほどまでに知られ、愛された理由は何か。

まずはそれが「漫画」だったからです。

「小説」ならこうはならなかったでしょう。

 

そしてそれが「アニメ化」されて、さらに多くの人に知られます。

そう。印象に残るには、より「五感」を使って見られる必要があるんです。

 

例えば今回の話は、WordCampTokyoで100人以上を前に講演したんですが、

見る人の受ける印象は 実際に見る>動画で見る>文章で読む の順に強いハズです。

Youtuberは夢に出る。ブロガーは出ない。

最近、すごいことに気が付きました。

Youtuberって夢に出るんですよ。

 

僕も好きなYoutuberやテレビで見る芸人さんが居るんですが、

(Youtuberならジョーブログやレペゼン地球、芸人なら松本人志さんが好きです)

たくさん見てると、彼らが夢に出たりするんですねw

 

一方で、他の人のブログも読むんですが、ブロガーが夢に出てきたことはありません。

これはすごいことやと。

オンラインで、見た人の夢に出るくらい印象に遺すなら、やっぱり動画が最強です。

ぜひ、あなたの発信にも使っていきましょう。

ロゴに世界観を凝縮しよう

文章以外にも動画・写真・イラストを使うとして、ブログそのものはどうするか。

さらにさらに、超具体的な話をします。

 

ブログにおいて、印象に残る最初の工夫は「ロゴ」です。

これを、ひと目で見て分かり、かつ世界観を凝縮したものにしましょう。

手前味噌ですが、僕のブログのロゴ、どうでしょう?(自分で描きました)

一切の説明なしに「これどんなブログのロゴだと思う?」と人に聞いたら、8割がた正しい答えを言ってくれるハズ。

「旅しながら写真を撮ってるんじゃない?いやマイクがあるから動画も?」とか。

「男のバックパック一人旅って感じだね」とか。

 

こんな感じで、あなたのブログにも、そのストーリーやキャラクター、世界観を凝縮したロゴを載せましょう。

自分で作れない場合、ランサーズやクラウドワークスで1〜3万ほど払ってコンペを開けば、超高品質なロゴがすぐに作れます。

お金をかけるべき場所です。今すぐやりましょう。

まとめ

さて、今回の記事で言いたいことを改めてまとめると

キラ

ブログでもなんでも「何を言うか」と同じくらい「誰がどう言うか」が大事。

印象に残るブログを書くために、漫画から学ぼう。

文章だけでなく動画・写真・イラストを多用して、

特に「ロゴ」には力を入れよう

という感じでした!

続きの記事も、おいおい公開します。

 

とりあえず今日はこのへんで。

明日も、よい人生とよい旅を。

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。