【TR1P】ドイツの恋人の橋「アイゼルナー・シュテグ」を一分で渡ろう【1分旅動画】

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

ドイツ・フランクフルト「鉄の橋」の1分動画

世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」にて、

ドイツ・フランクフルトにある「鉄の橋」の1分動画を公開しました。

各シーン解説

各シーンについて、ちょこちょこ紹介していきます。

 

オープニング。鍵がいい感じに撮れました。

実は左側に、結婚衣装を身にまとったカップルが映ってます。ピースフル。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

タイトル。ドイツ語って、なんでこんなにゴツかっこいいんでしょう。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

橋の全貌と、マイン川です。ドローンでずいーっと撮影しました。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

大量の鍵がかかっている様子。ちょっと気持ち悪いw

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

橋の真ん中を渡ってみます。観光客でワイワイしてますね。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

さらに別角度からドローンで。フランクフルトはけっこう都会で、金融ビル街が奥に見えます。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

日が少し暮れてきて、黄昏れる僕(笑)。ビル街の反対側には美しい教会が見えます。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

沈んでいく夕日も、綺麗に見えます。

川沿いには桜が咲いて、ノンビリとお花見をしている人が沢山います。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

 

最後に、夕日と一緒に「TR1P」のタイトルをドン。落ち着いた終わり方になりました。

ドイツ フランクフルト 観光 恋人の橋 アイゼルナーシュテグ

場所の解説

ドイツのフランクフルトにある「恋人たちの橋」。

正式な名前は「Eiserner Steg(アイゼルナー・シュテグ)」といいます。

ドイツ語で「鉄の橋」という意味です。

 

ゴツい名前のこの橋ですが、ドイツでは「恋人たちの橋」として有名なんです。

カップルが永遠を誓って、ふたりの名前を書いた南京錠をこの橋にかけるおまじない(?)が、ヨーロッパで流行しているのです。

 

同じような橋「ポン・デ・ザール」が、フランスのパリにもありますが、そちらは、鍵の重さのせいで橋が壊

れかけてしまい、現在は鍵が全て撤去されてサッパリしてしまっています。

なので、カップルでヨーロッパに訪れる際は、是非Eiserner Stegに寄りましょう!

 

もちろん、鍵をかけない人にとってもおすすめです。

マイン川や大聖堂や金融街、対岸の博物館通りなど、フランクフルトらしい眺めが一望できます。

春には、川沿いで桜の花が咲いているので、のんびりとお花見を楽しむのもおすすめです!

 

【場所】Mainkai, 60311 Frankfurt am Main, ドイツ

【時間】24時間

【料金】無料

撮影・制作を終えて

さて、こんな感じの「アイゼルナー・シュテグ」でした。

 

ゆーて、1本のシンプルな橋なので、映像としての見せ方が難しかったです(笑)

ちょっとドローンに頼りすぎた感もありますね(笑笑)

 

ロンドンでは、急激な気温の低下(アジアとくらべてw)のせいで、体調を崩しかけていた僕ですが、

イギリスからドイツに行ったらとても暖かく、街も過ごしやすくて、ソーセージも旨くて、完全復活しました(笑)

 

恋人たちの誓いの橋のそばで、ピンクの八重桜を見ながらお花見する人も沢山いました。

全体的にとてもピースフルで暖かい雰囲気だったのが、強く印象に残っています。

 

次はぜひ、冬のドイツで、雪景色を楽しみたいですね。

『TR1P』のFBページもよろしくお願いします

世界を旅する1分動画「TR1P(トリップ)」のFacebookページも、よろしくお願いします。

「いいね」をすると、更新情報が届くようになります^^

以上、フランクフルトの「鉄の橋」でした。

それでは明日も、良い人生と良い旅を。

各SNS

Back Pack Hack(バックパックハック)では、「旅をテクノロジーでハックする」というコンセプトの元「旅して創って稼ぐ」情報をお届けしています。

ぜひ、各SNSもフォローして、新しい記事もチェックしてください!

Twitter(旅と稼ぐことに関するつぶやき)

Instagram(旅の写真&映像)

Youtube(旅の映像)

Back Pack Hack FBページ

 

旅の一分動画「TR1P」Youtube

旅の一分動画「TR1P」FBページ

プロフィール詳細/依頼/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

基本的には、ライティング(記事作成)、WEB制作、コンサルティング、講師・講演などをお受けしております。

・【実績あり】ライティングのご依頼(旅、起業、デジタルガジェット)
・WEB制作用ヒアリングシート

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅系の映像クリエイター&VLogger(ビデオブロガー)。
 旧帝大を中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。