起業家と教祖とロックスターと。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

さっきのエントリーの補足として。

ああいうの読んで「じゃあ独立起業とかやめとこかな」ってなる人は、確かに止めといたほうが賢明だと思うんだよ。

本当の意味で人間が何かを「始める」時って、それに取り憑かれて、そのことばっか考えて、そうせざるを得ないような感じになっている気がする。

病的というか、運命的というか、本能的というか、そういう感じ。理屈じゃない。少なくとも僕はそうだし、僕の周りのヒトにもそういうのがおおい。

批判的なこと言われたら「五月蝿え、テメエごときに分かるか◯すぞ」みたいな凶暴性すら帯びる時がある。もちろんこれは性格によるけど。
個人的には、「起業」というのは、「世界とそのストーリーの再構築」だと定義づけている。

それは既存体制の否定にも繋がりやすくて、そういう意味での起業家ってのは、カルト宗教の教祖とかロックスターとか革命家みたいな、アナーキストっぽさを持ってる。

そしてマジで人の言うことを聞かねえw

とか思ったり思わなかったり。
まあ要は「カテゴライズとか人の意見は時々聞いといて、まあ好きに生きたらええがな」ということで。エントリ転載しといて申し訳ないけどw

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。