【初心者でも簡単】WordPressのインストール/導入方法を解説します

前回のおさらい

前回までの内容で、

ウェブサイトやブログを作るためのサーバーを用意して、次にドメインを取って、

その2つを紐付けする、という所までやりました。

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

【画像付き】5分でできる!お名前.comでドメインを取ってみよう。

初心者でもできる!エックスサーバーとお名前.comの設定方法

まだ、これらの作業が済んでいない、という人は、必ずこちらの記事から先に読んで、やってみてください。

 

ここまでで何をしたのかというと、お家を建てるために、土地(サーバー)と住所(ドメイン)を用意して、

土地の中に住所を置いた(サーバーとドメインの紐付け)、という感じです。

今回の内容「WordPressのインストール」

さて、ここまでができたなら、ついに、サイト/ブログを作成していきます。

 

使用するのは、「WordPress(ワードプレス)」というシステム。

例えるなら、お家を建てるための「骨組み」みたいなものだと思ってください。

今回も、出来る限り写真付きでやさしく解説していくので、とにかく見ながらやってみましょう。

エックスサーバーにログイン

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルに入っていきます。

 

エックスサーバーから届いている「設定完了のお知らせ」の中の「サーバーアカウント情報」から、「サーバーパネル」のURLをクリックします。

※または、エックスサーバーの右上にある「ログイン」→「インフォパネル」からも、サーバーパネルに移動できます。

 

メールに記載されている、「サーバーID」と、登録時に決めた「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックします。

 

ログインしたら、「ご契約一覧」の「サーバー」の中にある「ログイン」ボタンをクリック。サーバーパネルに入ります。

お名前.comで取ったドメインを選択

サーバーパネルに入ったら、左下に小さく「設定対象ドメインの変更」という項目があります。

そこから、お名前.comで取得して設定したドメインを選んでおきましょう。

「自動インストール」に進む

開いたサーバーパネルの「HOMEPAGE」から「自動インストール」をクリックします。

 

開いたインストール画面で、「プログラムのインストール」をクリックします。

 

表示されたインストール可能なプログラム一覧から、

画面を下にスクロールして「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

サイト情報を入力

作成するWordPressの情報を入力していきます。

「インストールURL」というのは、WordPressサイトのURL(アドレス)です。

(1)の中身は、空白で大丈夫です。

 

「ブログ名」は、作成するサイトの名前です。このブログなら「吉良光(きらこう)のブログ」のように、ブログやウェブサイトの名前を決めます。

後で変更もできるので、気楽に入力して構いません。

 

「ユーザー名」「パスワード」は、WordPressの管理者として登録するユーザーの名前とパスワードです。

「エックスサーバーのID&パスワード」と、「WordPressのID&パスワード」は別物なので、混同しないように注意しましょう。

 

このIDとパスワードは後で変更するのが面倒なので、ここで確定させるつもりで入力してください。

任意のユーザー名と、できるだけ複雑で推測しづらいパスワードを入力してください。

 

「メールアドレス」は、WordPress管理者のメールアドレスです。

WordPressで作成した問い合わせフォームなどからメールを受け取るためのメールアドレスを入力します。

 

「データベース」は、「自動でデータベースを生成する」で構いません。

データベースに詳しい方は、「作成済みのデータベースを利用する」を選択することもできます。

 

すべて入力後、「インストール(確認)」をクリックします。

確認してインストール

「インストール(確認)」をクリックすると、入力した内容が確認用に表示されます。

 

ただし、最後の方に表示されたユーザ名とパスワード(1)は、無くさないように注意してください。WordPressの管理画面にログインするために必要です。

 

最後に、「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」という警告メッセージが表示されますが、初めてエックスサーバーと契約して初めてWordPressをインストールする方は、特別に意識する必要はありません。

「すでにこのドメインでホームページを作成済みの場合は、中身が削除されちゃうよ」という意味です。

内容の確認後、「インストール(確定)」をクリックします。

完了画面をチェック

WordPressのインストールが完了すると、完了画面が表示されます。

記載された管理画面のリンク(1)をクリックして、作業を始めることができます。

その際、ログインするために自分で決めた管理者のユーザー名とパスワード(2)が必要になります。

ここに書いてある内容は、どこかにメモしておきましょう。

特に、IDとパスワードは、サイトを作るためにすぐに必要なので、無くさないようにしましょう。

パスワード管理ツールは、1Passwordがオススメです。

インストールされたWordPressの確認

上記のインストール完了画面に記載されたURL(例:http://◯◯.jp/wp-admin/)をクリックすると、ログイン画面が表示されます。

(ログイン画像)

このログイン画面は、URLの後ろに /wp-admin/ を付けてページに飛ぶと表示されます。これも覚えておきましょう。

 

ログイン画面が出たら、さっき決めた、「ユーザー名」と「パスワード」を入力して、WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインします。

次の画面のように「ダッシュボード」や「WordPressにようこそ!」が表示されていれば、インストールがうまくいっているということです。

これで、エックスサーバーのお試し利用の申し込みからWordPressのインストールまでが完了です!

サイトの初期状態の確認

ダッシュボードの左上にあるWordPressアイコンの横に表示されたサイト名にマウスを合わせると、

「サイトを表示」というメニューが表示されます。

 

「サイトを表示」をクリックすると、WordPressインストール直後のサイトが表示されます。

WordPressインストール直後は、このような何もないサイトですが、

少しカスタマイズすると良い感じのサイトができるので、安心してください。

まとめ

さて、けっこう頑張りましたね。

この辺の作業は、とにかく手を動かしてやってみることが大事です。

 

はじめは、この記事を見ながらとにかく正確に丁寧に。

そのうち、慣れてきて何も見ずにサクサクと新しいサイトが作成できるようになります。

 

何か質問や分からないことがあれば、お問い合わせページから、気軽にメッセージをください

それでは、明日も良い人生と良い旅を。

ブログ&サイトを作りたい人へ

ちょっといい感じのウェブサイト&ブログを作りたい、
けど何からやればいいか分からない人へ。
まずはコレ↓からやってみましょう。

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

2017.01.05