WordPressでブログ&ウェブサイトをつくるメリット&デメリット

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

今回の結論を先に

今回の内容の結論、先に結論からまとめてしまいます。

 

「WordPressでウェブサイトを作るメリットとデメリット」は、

[su_row][su_column size=”1/2″]

【メリット】

・カスタマイズが自由で簡単

・知識や技術が身につく

・独自ドメインで運用できる

・広告含め、載せる内容が自由

・アクセスアップに強い

・そこまで難しくない

・情報が豊富

[/su_column] [su_column size=”1/2″]

【デメリット】

・開設がちょっと大変

・維持コストがかかる

・多少の慣れと技術が必要

・限界もある

[/su_column] [/su_row]

ということで、どんな人にオススメかというと、

名前
多少の手間は問題ないので、他のものと差別化されたブログやウェブサイトを、本格的に作っていきたい!

アクセスも長期的にしっかり集めていきたいし、web制作に関しての知識や技術も身につけていきたい!

という人にオススメ、ということです。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方

前回のおさらい

さて、前回、「無料サービスを使ってウェブサイトやブログを作るメリットとデメリット」について書きました。

アメブロやwixってどうなの?無料のサービスでブログやサイトを作るメリット&デメリットについて。

この中では、wixやJimdo、はてなやアメブロ、ライブドアブログのような「無料でブログやウェブサイトが作れるサービス」のメリットとデメリットについて書きました。

 

今回は、それと比較して、独自ドメインやサーバーを自分で取って作るブログやウェブサイト、

その中でも特に「WordPress(ワードプレス)」を使って作成するメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

メリット1,カスタマイズが自由で簡単

WordPressで作成するブログ&ウェブサイトは、カスタマイズの幅が広く、また簡単です。

 

例えば、WordPressには「テーマ」とか「テンプレート」と呼ばれるデザインの「型」のようなものが用意されており、

それらを適用するだけで、色んなデザインに変更ができます。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方 テーマ

加えて「プラグイン」という機能拡張システムで、ちょっと複雑なシステムも簡単に導入できます。

例えば、お問い合わせフォームを一瞬で作成したり。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方 プラグイン

基本的な使い方を理解した後も、

HTMLやCSSなどのコーディングについて学べば、細かなカスタマイズやデザイン変更もどんどんできるようになります。

 

このように、WordPress含め、自分で作ったサイトは色々と自由にカスタマイズができるのです。

当たり前のことではありますが、これは、間違いなく最大の魅力の一つだと言えるでしょう。

 

また、しっかりとアクセスアップ対策を行っていれば、長期的に多くのアクセスがあるサイトを作ることも可能です。

作りこむのが大変なぶん、ちゃんと作れば長期的にはかなり潰しがききます。

メリット2,知識や技術が身につく

自分でブログやウェブサイトの製作を行った場合、面倒なことは多いのですが、

その分、 サイトのデザインやHTML/CSSのコーディング、 PHPやJavaScriptなどのプログラミング、 SEOやソーシャルメディアなどによるアクセスアップ… といった知識や技術が、少しずつ身につきます。

 

ただ、ゼロから全てコーディングして作るのに比べると、簡単に始めることができます。

 

なので「Web製作の技術を身に着けたいけど、何からすればいいのかわからない…」という人は、

まずはWordPressでサクッとサイトを立ち上げつつ少しずつ知識を身に着けていく、というのが、とてもオススメの方法です。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方

さらには、WordPressを使っている企業や個人はけっこう多いので、一定以上の技術が身につけば、仕事の依頼もけっこう来ます。

 

例えば僕の場合、社団法人festivoで定期的にWordPress講習会の講師として教えたり、

色んな企業や個人のブログやウェブサイト制作、運用、カスタマイズ、コンサルティングの依頼を沢山頂けるので、

正直なところ、WordPress関連だけでも、けっこうな額を今まで頂いています。

[su_row][su_column size=”1/2″] [/su_column] [su_column size=”1/2″] [/su_column] [/su_row]

そんなワケで、やっぱり少しずつでも、知識や技術を身につけるのはオススメなんです。

メリット3,独自ドメインで運用できる

WordPressなどで自分で作成したブログやウェブサイトは、独自のドメインで運用できます。

ドメインとは、「◯◯.com」とか「◯◯.jp」というアレですね。インターネット上の住所みたいなものです。

あれが、基本的には自由に決められます。

WordPress ワードプレス ブログ 検索 SEO

これが、無料サービスを使って作ると、URLの末尾に「◯◯.wix.com」とか「◯◯.hateblo.jp」という文字が付いたりします。

(※有料版にアップグレードすれば、外せるサービスもあります)

 

特に気にならない場合は良いんですが、IT系の人たちは「短くてシンプルなURLの方がクール」みたいに思ってるフシがあり、

末尾に「.wix.com」とか付いてると「あ、無料サービスで創ったんだな…」と分かったりします(笑)

 

僕の場合、このブログには「kohkira.com」と、自分の名前をキュッとURLに当てています。

 

あとは、「独自ドメインの方が長期的なSEOには有利」という意見もありますが、

最近はレンタルブログもSEOけっこう強いよね、ということで、意見が割れているみたいです。

まあ、最終的には好みやこだわりの問題になるかもしれません。

 

独自ドメインの取得の仕方に関しては、ここに詳しく書きました。参考まで。

【画像付き】5分でできる!お名前.comでドメインを取ってみよう。

メリット4,広告含め、載せる内容が自由

広告などが自由にコントロールできるのは、自分でサイトをつくる最大のメリットの一つといえるでしょう。

 

アメブロなどのレンタルブログの場合、無料で使用すれば記事の中に勝手に広告が入ってしまいます。

しかも、この広告収益は書いた人には入りません。受取の権利はあくまでサービスの運営会社にあります。

まあ、だからこそ無料でサービス提供できるワケです。

さらには、運営会社の利用規約に反する広告掲載は禁止されており、エグい貼り方をすればアカウントの停止などをされてしまいます。

その一方で、自分でドメインとサーバーを取得すれば、好きな場所に好きなように、「自分の」広告を掲載できます。

例えばこんな風に、好きな場所にGoogle AdSenseの広告を張ったり。↓




基本的に自由に、広告を入れたり消したりできます。

これは、「カスタマイズが自由」という部分にも通じるメリットですね。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方

また、自分で作るサイトは、基本的に何でも書けます。

もちろん、エログロとか違法、倫理的にアウトな内容になると、レンタルサーバー会社などからNGを食らうでしょうが。

 

レンタルブログのように、ちょっとエグいセールスや人の悪口くらいで、アカウント停止されてブログが消える、なんてことはありません。

まあ、そんな際どいネタを書く人はそうそう居ないかと思いますが、

レンタルブログ等の場合、運営会社の裁量で決定されるので、やや不安定といえば不安定です。

 

これは例えるなら、大きなマンションに住む場合、マンションのルールがあり、

管理会社から出て行けと言われたら出ないといけない、というのに似ている気がします。

メリット5,アクセスアップに強い

WordPressで作る場合ですが、ちゃんとやることやれば、しっかりアクセスが集まります。

 

もちろん、表面だけ作って放置、じゃダメです。

・目的やコンセプト、キーワードをしっかりと決めて

・サイトを立ち上げて

・各種設定を適切に行って

・SEOも意識した良い記事を沢山作って

・SNSなどでしっかりシェアして被リンクを増やして

・数字や結果をしっかり計測して改善して

・それを継続する

というコトをしっかりやれば、しっかりPVも上がり、売上も上がります。

WordPress ワードプレス ブログ SEO

多少の手間と時間はかかりますが、じっくりと取り組めば、必ず結果が出るし、数字を見て細かいコントロールもできるようになります。

そもそも、「アクセスはどんな経路からあるのか」については、以下の記事に書きました。

WordPressのアクセスアップ!PVを上げる「5つの経路」を知っておこう

そして、具体的なキーワード選定法や設定に関しては、以下の記事にも書きました。

初心者でも分かる!WordPressブログSEOのためのGoogleキーワードプランナーの使い方

完全保存版!WordPressブログにおすすめのプラグイン23選

拡散を狙え!WordPressの「All in One SEO Pack」でOGP設定をしてアクセス数を増やす方法

メリット6,そこまで難しくない

独自ドメインやサーバーを取得して、WordPressを使ってサイトを作るのは、無料で簡単に作れるサービスと比較すると、ちょっと大変です。

ドメインとサーバーの申し込みして、それらを紐付けて、WordPress入れて、テーマやプラグイン入れて…と、やることがいっぱいあります。

 

これらは、慣れないうちはけっこう大変なんですが、ちゃんと調べればそこまで難しくないし、一度慣れてしまえば、けっこう簡単です。

メリットと呼ぶほどのことではないかもしれませんが、ビビリ倒すほどのことではありません。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方

 

このブログ内にも、作り方を写真付きでかなり詳しく書いていますので、コレを見ながらやれば大丈夫。

【記事まとめ】今年こそ、WordPressでブログ&ウェブサイトを作ろう。

メリット7,情報が豊富

さて、これも大きなメリットの一つです。

WordPressを使う場合、大抵のことは、調べれば何とかできます。

 

日本にもユーザーが沢山いるので、情報もネット上に沢山あります。

「WordPress+やりたいこと」で検索すれば、かなりの数の記事がヒットします。

 

WordPressは世界中で使われているCMS(=ブログ等を作るシステム)なので、英語ができればさらに情報を得られます。

人に聞いたり、本で調べるより、検索して独習する機会はとても多いので、これはとてもうれしい所ですね。

WordPress ワードプレス ブログ SEO アクセスアップ

WordPressを使うデメリット

さて。最後に、独自でサイトを作るデメリットについて。

 

まあ、前の記事と上の内容を見ていただければ、大体の内容は想像できるかもしれませんが(笑)

より深く理解していただくため、細かく説明をしていきましょう。

デメリット1,開設がちょっと大変

無料で簡単なウェブサイト&ブログサービスと比較すると、ですが、WordPressでのサイト開設には、少し手間がかかります。

 

サーバーとドメインを取得して、それらを設定して、WordPressをインストールして、テーマをインストールして、プラグインを入れて…

とやって初めて、まともなウェブサイトの形になります。

 

そこまで難しい内容ではありませんが、最初はちょっと苦労するかもしれません。

これは言葉で説明するのが難しいので、とりあえずやってみて、ダメなら諦めましょう(笑)

【記事まとめ】今年こそ、WordPressでブログ&ウェブサイトを作ろう。

デメリット2,維持費コストがかかる

WordPressを利用する場合、自分でドメインとサーバーを取得して、そこにWordPressをインストールして利用します。

 

WordPress公式のサイト(wordpress.com)から会員登録して利用するのは、簡単ですが絶対にオススメしません。

有料版ですら、テーマやプラグインの利用に制限がかかって、最悪だからです。

 

なので基本的には、サーバーやドメインを自分で取ることになります。

そしてその場合、維持費がかかるワケです。

ドメインの場合、安いものでは100円以下から取ることができ、 1年後の更新料はだいたい1500円〜/年くらいです。

(もちろん、どんなドメインを取るかにもよりますが)

 

サーバーの場合、「エックスサーバー」のようなレンタルサーバーは年間で数千円、

「アマゾンAWS」のような重量課金制サーバーの場合は、使ったぶんだけ(=アクセスがあった分だけ) 料金を支払うシステムになっています。

 

昔と比べるとドメインもサーバーも相当に安くなっていて、今では子供のお小遣いで取れるほどになりま した。

が、維持費を払う必要があるというのは、デメリットの一つです。

 

もちろん無料サービスを使う場合も、高度な機能を使う場合は課金するのがベターなので、

本気でブログやウェブサイトを運用する場合は、遅かれ早かれお金はかかることになるでしょう。

あとは、定期的なメンテナンスやバックアップなど、労力としてのコストも多少は発生します。

これも、そんなに大変なことではありませんが、一応デメリットの中に入れておきます。

デメリット3,多少の慣れと技術が必要

WordPressを利用する場合、「ダッシュボード」という独自のUI(管理画面など)に慣れていく必要があります。

こんな画面ですね。

WordPress ワードプレス ブログ 作り方 プラグイン

また、基本的な製作が終わった後も、アクセスなどはSEO対策やソーシャルメディア対策を行って自分でやっていかなくてはいけません。

一度慣れてしまえば楽なのですが、慣れるまで少しの辛抱が少し必要です。

 

あとは、中級者以上になると、細かいカスタマイズがしたくなると思いますが、それにはHTML/CSS、PHPなどのコーディング・プログラミング技術が必要になってきます。

これも、分かる範囲から少しずつやっていけばいいのですが、「細かい作業が全くだめ!発狂する!」みたいな人はキツいかもしれません(笑)

 

まあ、これもビビる程ではないので、考えるよりは実際にやってみるのが一番です。

WordPress ワードプレス ブログ カスタマイズ

デメリット4,限界もある

WordPressでのブログやウェブサイト作成は、カスタマイズの幅が広いというメリットがありますが、

もちろん、それには限界もあります。

 

WordPressは、基本的にはウェブサイトやブログ作成のためのCMSなので、「月間100万PVのメディアブログ」などの運営は余裕でできます。

ただし、複雑なシステムを要するサービスなどには向いていません。

 

例えば「cookpad」や「NAVERまとめ」のような、ユーザーがログインして投稿をするタイプのサービスの作成は、WordPressでは難しいでしょう。

(このようなサービスをつくりたい人は、基本的なHTML/CSSコーディングを学んだ後、Ruby on Railsなどを勉強しましょう)

WordPress ワードプレス ブログ 作り方

機能としての限界の他に、使う人の技術力によっては、(最初は)カスタマイズの限界もあります。

 

WordPressのデザインには、基本的に「テーマ」や「プラグイン」という機能を使用するのですが、

デザインは良くも悪くもこれらのシステムに依存するので、そういう意味での限界が存在するのです。

 

つまり、段階としては

初心者
テーマ?プラグイン?なんだそれ?どうやって使うの?

という段階から

中級者
基本的なシステムは使えるようになったけど、ココをもっとこうしたいなあ…

となって

上級者
HTML&CSSのコーディングを覚えて、細かいカスタマイズもできるようになったぞ

という段階を経る必要があるのです。

 

なので、中級者までは、色々ともどかしいこともあるかもしれません。

まとめ

以上、ちょっと長くなりましたが、まとめていきましょう。

 

「WordPressでウェブサイトを作るメリットとデメリット」は、

[su_row][su_column size=”1/2″]

【メリット】

・カスタマイズが自由で簡単

・知識や技術が身につく

・独自ドメインで運用できる

・広告含め、載せる内容が自由

・アクセスアップに強い

・そこまで難しくない

・情報が豊富

[/su_column] [su_column size=”1/2″]

【デメリット】

・開設がちょっと大変

・維持コストがかかる

・多少の慣れと技術が必要

・限界もある

[/su_column] [/su_row]

ということで、どんな人にオススメかというと、

名前
多少の手間は問題ないので、他のものと差別化されたブログやウェブサイトを、本格的に作っていきたい!

アクセスも長期的にしっかり集めていきたいし、web制作に関しての知識や技術も身につけていきたい!

という人にオススメ、ということでした。

 

少しむずかしい内容もありましたが、どうでしたか?

まあ、言葉で説明するのが難しい所もあるので、まずは実際に手を動かしてみてください。

記事内でも紹介しましたが、こちらに詳しくまとめてあります。

【記事まとめ】今年こそ、WordPressでブログ&ウェブサイトを作ろう。

それでは、明日も、良い人生と良い旅を。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。