僕が旅に出る理由。旅とは、生きることそのものだから。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

生きることは変化すること。旅は変化を与えてくれる。

ここで言いたいことを一言にまとめると

「僕が旅をするのは、常に変化するため。

僕にとって変化とは生きることそのもので、

旅はその変化を与えてくれるから。」

ということです。

「どうして旅するの?」とよく聞かれる

僕がよく聞かれることの一つに、「どうしてよく旅をするの?」という質問があります。

taxi-698662_640

聞かれて「理由なんて必要かな…?」とも正直思うんですが。

 

例えば、腹減っててメシがあったら、それ食べるじゃないですか。

それと同じで、旅するのも「行きたい場所や見たい景色があって、自分にはそれができる。だからやる」という以上でも以下でもない気がするんですよ。

 

そういう意味では、みんな何かやる時に、理由やら何やらにコダワリ過ぎてるな、という気もします。もっとシンプルでいい。

しかしまあ、せっかく聞かれるから、ということで考えてみると、理由らしいものもあるなと。

なので、それについても書いてみようと思います。理由はいくつかあるので、今回以外にも幾つか書くかもしれません。

 

そして、旅する理由の大きなものの一つが、冒頭で述べた「旅することは、生きることそのものだから」というものです。

「生きる」ことの定義

「生きる」とはどういうことなのか、僕はよく考えます。

もちろん答えのない禅問答なので、あまり時間をかけすぎないように気を付けています(笑)

 

僕が考える時にまず大切にするのは「言葉の定義」です。

 

本質を追求するために、あえて言葉という不完全なフォーマットで「定義」をとことん考えてみる。

これが、僕の「自分の頭で考える」スタイルです。

あなたはどう思いますか?「生きる」ということの定義。

 

「しっかり働いてメシを食うこと」

「息をして生命活動を維持すること」

「人とのつながりを求めること」

 

などなど、色んな答えがあると思います。もちろん正しい答えなどはないので、自由に考えていいと思います。

「生きる」とは「自発的に変わる」こと。

僕にとっての「生きる」ことの定義は「自発的に変わる」ということです。

自分から、内側から、変化する、ということが「生きる」。

 

人間含む全ての生き物は、生きているうちは常に”内側から”変化しています。

 

具体的には、細胞分裂による代謝、成長、そして老化…と。

肉体はもちろんですが、精神的にも常に「自ら」変化しています。

代謝にも食事が必要だったり、精神的変化にもインプットが必要なように、外からの要因もあるんですが、

大事なのは”自発的に”変わるということ。

 

自発的な変化の核の部分に、「生命力」や「魂」のような、「生きることの本質」があると思っているのです。

これが、僕の考える「生きる」ことの定義。

oyakolittle-1

そして、自発的な変化が完全に停止することが「死」です。

 

死んだ後にも、肉体が腐って変化するじゃない、という意見もありますが、

それは、バクテリアなどによる「外部要因による変化」なので、自発的な代謝、つまり「内側からの変化」は止まってしまってます。

 

魂とか精神に関しては…?どっかに行くんですかね。

まだ死んだことが無いんでちょっとわかりません。楽しみにしときます(笑)

旅は「変化」をもたらしてくれる

ちょっと哲学的な所から話が始まりましたが、

要は「僕はより変化するために旅する」ということです。

言うまでもなく、旅は「変化」を人に与えてくれます。

 

住処、食べ物、行動、出会う人…という環境が変わって、それに伴う沢山のインプットを通して、

肉体や精神は、内側からどんどん変化していきます。

 

もちろん僕は、何もない日常からも多くを学べるし、それに感動することもできます。

しかしやはり、新しい街や人や自然を見て、刺激を受けとることで、自らの変化を促すことが、僕に「生」を強く実感させてくれるのです。

まとめ

そんなワケで、僕は旅が大好きなわけです。

 

はじめて行く街を見上げながら、コーラをガブガブと飲むと(なぜかいつもコーラです笑)、

「ああ、生きてんなー」って感じがします(笑)

空港着くと毎回、絶対にコーラ飲みたくなる。

Koh Kiraさん(@koh_kira)が投稿した写真 –

何気ない日常から感じ、学ぶことも大いに大事ですが、まだ若くて元気なうちは、こういう刺激や変化を大いに受け入れて、生を謳歌しようと思っています。

 

というわけで、

「僕が旅をするのは、常に変化するため。

僕にとって変化とは生きることそのもので、

旅はその変化を与えてくれるから。」

という話でした。

 

明日も、よい旅と、よい人生を。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。