初心者でもできる!エックスサーバーとお名前.comの設定方法

前回までのまとめ

前回までの内容で、サーバーとドメインを、それぞれ用意しました。

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

【画像付き】5分でできる!お名前.comでドメインを取ってみよう。

記事を見ながらサクサクやれば、おそらく10〜15分で終わると思います。

 

ここまでやっていて「サーバーとかドメインって何?意味ワカンネ」という人はいないかと思いますが、基本的な言葉の概念は以下の記事で説明しています。

【初心者向け】バカでもわかる、ウェブサイトのしくみ

今回の内容「サーバーとドメインを紐付け」

今回は、「サーバーとドメインの紐付け」を行います。

これは、簡単に例えるなら、「取得した土地(サーバー)に、住所(ドメイン)を設定する」というものです。

今、用意した土地と住所は、実はまだバラバラの状態で存在しています。

なので次は、土地の中にしっかりと住所を置く必要があるのです。

 

これも、やりかたは難しくありません。

できるだけわかりやすく、画像を入れながら説明していきます。

早速、やってみましょう。

エックスサーバーへログイン

以下のURLをクリックして、エックスサーバーへログインします。

エックスサーバーのホームページ(http://www.xserver.ne.jp/)

 

そして【ログイン】をクリック。

 

「ご契約一覧」から使用するサーバーを選択し、サーバーパネル項目の【ログイン】をクリックします。

エックスサーバーから「ドメイン設定」

エックスサーバーに無事ログインできたら、「ドメイン設定」を行います。

これは、「今から、この土地にこんな住所を置くからヨロシク」というのを用意しておく設定です。

 

「ドメイン設定」をクリック。

 

【ドメインの追加設定】タブをクリック。

お名前.comで取得したドメインを正しく入力し、【ドメインの追加】をクリック。

末尾の「.com」や「.net」なども、選択を間違えないようにしましょう。

 

ここまでで、サーバー側の連結設定は完了です。

設定が反映されるまでに、数時間〜2日ほどかかることもあるので、ちょっとだけ待ちましょう。

エックスサーバーから「ネームサーバー」を調べる

待っている間に、ドメインの「ネームサーバー」の設定を行います。

 

これは、簡単に例えるなら、

ドメイン側に「この住所は、ここの土地に置くことにするよ」という設定を行うことです。

まあ、サーバー側とドメイン側の両方から設定が必要、ってことですね。

 

エックスサーバーのサーバーパネルで「ドメイン設定」が終わった後、次は「サーバー情報」をクリックします。

 

サーバーの情報が出てきますので、赤枠の部分「ネームサーバー12345」の部分を、コピペしてどこかにメモしておきましょう。

お名前.comから「ネームサーバーを変更」

次に、お名前.comにログインします。

取得したドメインの一覧から、「ネームサーバー」の下のボタン、「ネームサーバーを変更する」をクリック。

 

「他のネームサーバーを使用」をクリックします。

 

「ネームサーバー情報を入力する」の部分の入力欄に、

先ほどエックスサーバーからコピペしたネームサーバーの情報を1〜5まで入力します。

これで、サーバーとドメインの紐付けが完了です。

まとめ

これで、バラバラになっていたサーバーとドメインが、ひとつになりました。

ドメインをブラウザに打ち込むと、設定したサーバーにちゃんと案内されるようになったワケです。

はじめは難しいかもしれませんが、一度やってしまうと慣れて簡単になります。

まずはこの記事を見ながら、丁寧にやってみましょう!

 

さて、ここまでができたら、次は、住所がついた土地の中に、家を建てる必要があります。

つまり、やっとサイトそのものを作る段階に来たワケです。

次の記事を読んで、「WordPressの導入」をやってみましょう!

 

それでは、明日も、良い人生と良い旅を。

ブログ&サイトを作りたい人へ

ちょっといい感じのウェブサイト&ブログを作りたい、
けど何からやればいいか分からない人へ。
まずはコレ↓からやってみましょう。

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

2017.01.05