旅ドローンの決定版か。DJIのMavic Airが予想以上に良さそうな件について。

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅行系の映像クリエイター&ライター。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。

こんにちは、旅するガジェットヲタク、キラです。

吉良コウ,ブログ

今回はドローンの話。

先に結論から言うと

キラ

DJIの新しいドローンMavicAir が想像以上に良さそう。

大きさ、機能、デザイン、どれも好き!ほしい!

です。

ドローンと旅する僕

改めて言うことでもないんですが、僕は、ドローンを持って世界一周してきたくらいにはドローン好きでして。

【2017年2月近況】ドローンと世界一周中。旅をテクノロジーでもっと便利に。

未だに、2つのカバンの中に、一眼レフ、PC、そしてドローンを詰めて、世界のいろーんな場所を撮影しています。

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

そして、そこで得たノウハウや体験談などを、人様にお話したりもしました。

生放送で「ドローンと世界一周してわかった、旅をしながら創って稼ぐ方法」を話しました

 

そんな僕が、久しぶりにビビッときました。

DJIから新しく出たドローン、「Mavic Air」の出現で。

Mavic Airってなに?

Mavic Airってなに?というのを簡単に説明すると、

「ドローン最大手の会社DJIから発売された、めっちゃ小さくて軽いのにめっちゃ高性能のドローン」

という感じです。

DJI公式動画&サイト

まあまあ、まずはDJI公式の動画を見てみましょうよ。

うおー、すんげえー。オラわくわくすっぞ!

 

公式サイトはこちら。

Mavic Air:Adventure Unfolds – DJI

ドローンメディア「dration」より

また、ドローンといえば彼、ダリアン氏。

彼のメディア「dration」でも、詳しくまとめられているので参考にされたし。

【1分でわかる】DJI Mavic Air 最高に小型で、高性能なドローンだ!

 

一部引用させていただくと、

(Mavic Airについて)ざっくり言うと

  • サイズ感は、ポケットに入る!折りたたみ可能。重量は430g
  • カメラ性能は、3軸ジンバル、4K撮影可能
  • 飛行性能は、21分飛行可能、最大4kmの飛行距離、3方向の障害物検知
  • サプライズ性能は、MicroSD忘れでも内臓の8GBメモリに保存可能!自動飛行の動画撮影がドラマチックな動き方、送信機も小さく

という感じだそうです。なるほどー。

sparkのサイズで、MavicProの機能、って感じですね。

個人的に思うこと

さて、この新機体を見て、僕は、

キラ
旅の空撮がはかどるやつやん!好き!

と思いました。語彙少ねっ。

前提:今はMavic Proを使ってます

さて、まず前提なんですが、僕が現在使っているのは「Mavic Pro(マビックプロ)」。

これを持って、ビュンビュン旅をしています。

旅,ドローン,Mavic Pro
キラ
旅の本格空撮ならMavic Pro一択だな

と思っていたのですが、たぶん、旅の空撮の決定機はこのAirのほうに置き換わりそうな予感です。

以下、Mavic Airのどんな所が好き(になれそう)か、書き連ねます。

小さくて軽いところが好き!

まあ、まずこのサイズですよね。

ドローン,Mavic Air, Mavic Pro,比較

参照:https://youtu.be/ju8Ej3DUdjI

右がPro。左がAirです。

 

一番左は、Sparkという最新の小さいモデルです。

大きさはとても好評なんですが、動画がHDまでしか撮れない、折りたたみできないなどの機能面でのネックもあり、どちらかといえばホビードローン(おもちゃ)扱い。個人的に、入門機としてはオススメです。

Airは、Sparkとほぼ同じサイズですね。

Airの重さは350g。Proは750gだったので、そうとう小さくて軽くなってます。

折りたたんだ時のProは「大きめの筆箱」くらいのサイズと重さでしたが、

Airはその半分。

サイズ感はもはや「分厚いスマホ」くらいでしょう。

 

あとは、Airはコントローラーが薄くてスティックもちょっと短いそうですが、それもめちゃ嬉しいポイントなんです。

MavicPro だと、なんやかんやで40lスーツケースの1/4くらいの体積はとるし、スティックカバーとかハードケースに入れずに持ち歩いてるんで、正直少し不安だったので。

軽い小さいは正義。

機能が好き!

先述の通り、僕はMavicProの機能には大満足なんですが、

Airには、そのProと同じくらいのスペックが搭載されています。最高かよ。

具体的には、こんな感じ。

ドローン,Mavic Air,比較

参照:Mavic Air:Adventure Unfolds – DJI

いやあ、最高ですね。

MavicProの良いところをしっかりと受けついでいます。

 

ネックと思われがちな「フライト時間21分」も、正直問題はないかと。

MavicProは30分くらいですが、正直それでも十分だったし、スペアバッテリまであれば十分でしょう。

USBで充電できれば最高だけど、どうだろうなー。

デザインが好き!

MavicAirは、デザインも個人的にはけっこう好きです。

 

僕にとっては、ガジェットのデザインってすごく大事でして。

MavicPro も、デジタル一眼レフカメラSonyα7SII も、RIMOWA スーツケースも、あのカクカクした、無骨で男らしくもスマートなデザインが好きなんですよ。

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

吉良 コウさん(@koh_kira)がシェアした投稿

そういう意味で、今回のMavicAir も、デザイン的に好きなやつです。無骨でスマートです。

ドローン,Mavic Air, Mavic Pro,比較

いやまだ実物見てないけどもね。やっぱり黒かしら。

 

そして実は、Mavicと同じアームを折りたたむ仕様って、空港とかでも引っかかりにくくていいんですよw

これもけっこう加点ポイントw

どうやって買うの?

このMavic Air、すでにAmazonから購入できます。

Mavic Pro販売時は、人気すぎて配送が遅れることもあったみたいですが、今回はかなり配送&到着も早い様子。

ドローンコミュニティではすでに「到着した!」「飛ばしてみた」の声もチラホラ。

まとめ

そんなわけで、改めて結論を申し上げると

キラ

DJIの新しいドローンMavicAir が想像以上に良さそう。

大きさ、機能、デザイン、どれも好き!ほしい!

という話でした。

 

かなり気に入っている名機Mavicを手放して、Airを手にする時が来たかもしれません。

1月28日販売開始のようですが、引き続きチェックを続けて、比較や使用レビューなど書いていけたらと思います。

 

今日はこのへんで。

それでは明日も、よい空撮とよい旅を。

筆者プロフィール詳細/問合

筆者プロフィールや依頼・お問合せについては、下記ページからどうぞ。

プロフィール、お問い合わせ

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

 1988年生まれ。旅行系の映像クリエイター&ライター。
 大学中退後にWEB制作会社を起業。事業が安定し拡大を考える矢先、実家のある熊本で地震発生。「人はいつ死ぬかわからん。一番したいことを今やろう」と思い、私物を断捨離して世界一周へ。
 Macとカメラを持って旅しながら、旅の1分動画「TR1P(トリップ)」と当ブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。人気講習「WordPressキャンプ」では500名以上を対面で講習済。
→ 詳しいプロフィールはこちらから。