愛とは離れること。大学中退者が、たったひとつだけ覚えている講義の内容とは?

言いたいことで一言で「愛とは離れること」

今回の話を結論から書くと、

「”愛”という漢字の語源は”離れていく旅人”。本当の愛情には、適度な距離感が大事」

というものです。

大学中退者が、たったひとつだけ覚えている講義

僕は、大学を3年生の時に中退して、起業しました。

独立したてでスグのとき、金儲けのことばっか考えていたときは「大学の授業なんていらねえよw」とナメてた時期もありました。

※今は、ちょっと大人になって「まあ大学も大事になることあるよね」というくらいです(笑)

 

そんな中退者の僕でも、実は一つだけ、頭に強く残っている講義の内容があります。

今日は、そのお話を。

 

 

天気の良い昼下がりのことでした。

僕は、文化人類学の講義に出席していました。

その講義はあまり人気がなく、ガラーンとした講義室の中で、文化人類学のヒゲモジャ教授が、モソモソと話していました。

それも、本番の講義とはあんまり関係ない、独り言みたいな話を。

 

内容は、「愛とは、離れること」というものでした。

「愛」という漢字の語源は?

彼が話していたのは、「愛」という漢字の語源についてでした。

「愛」の漢字の語源は、「後ろを振り返りながら去る旅人」の象形文字なんだそうです。

 

上の部分が後ろを向く顔で、 肩の下に心(心臓)があって、

2本の足が、杖(旅人の象徴なんだって)をついて歩く姿。

お世話になった村を後にして「あ—行きたくないなー」と言いながらも、

次の場所へ向かう姿が「愛」という漢字になったんだとか。

 

つまり、「好きだから、大切だからこそ、距離を置く」 というのが、「愛」の本質だと、ヒゲ教授は言っていました。

愛とは、「離れる」こと。

つまり、好き好き言いながら、ただベタついてるだけなのは、愛じゃない。

「適度な距離感」が大事なんです。

 

「雛鳥が飛べるようになるため、巣から叩き落とす親鳥」

「万引きした息子をぶん殴って、一緒に土下座する親」

などのように、

仮に、自分が嫌われたり、不利益を被ったとしても、相手の為にベストを尽くすことが、愛の本質なんじゃないか。

 

その話を通して、僕は個人的にそう思うようになりました。

どうして、この講義だけが頭にこびりついているのかはわかりません。

他の講義なんか、殆ど覚えていないのに。

ただ、とても大切なことを学んだと感じました。

まとめ

今回は

「”愛”という漢字の語源が”離れていく旅人”であるように、

本当の愛情には適度な距離感が大事なのではないか」

という話でした。

 

この話を見て、共感や思うところがある人は、シェアやコメントで教えてくださると幸いです。

長文読んでくださり、感謝します。

それでは明日も、良い旅と、良い人生を。

ブログ&サイトを作りたい人へ

ちょっといい感じのウェブサイト&ブログを作りたい、
けど何からやればいいか分からない人へ。
まずはコレ↓からやってみましょう。

【画像付き】ウェブサイト&ブログ作りの第一歩!エックスサーバーの登録方法を解説します。

2017.01.05