お高くとまってやがるぜ!iPhoneを使って感じた7つのデメリット

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

メリットがあれば、デメリットもあります。

以前、iPhoneのメリットについて掘り下げた記事を書きました。

旅をしながら使い倒してわかった、iPhoneのメリット10個

メリットがあれば、デメリットもあるのが世の常。

今回は、そのデメリットについて書きます。

 

基本的には、「Androidスマホと比較して」という前提の内容ですね。

iPhoneのデメリット1,端末が高い

まあ、まずはコレですね。

やっぱり、iPhoneは端末価格が高いです。お高くとまってやがります。

 

Apple公式サイトによると

現在最新のiPhone7は、72,800円から。

沢山あるAndroidスマホと比べてですが、まあ高い価格帯のスマホだと思います。

今はいろーんな価格のいろーんなスマホがあるので自分の使い方や予算に合わせて、

そしてこのブログにも書いたようなメリット・デメリットを考慮しつつ、ベストな端末を選んでください。

iPhoneのデメリット2,カスタマイズ性が低い

iPhoneのメリットには「UIがシンプルで使いやすい」というのがあるのですが、

その反面、カスタマイズ性にはAndroidに軍配が上がります。

 

Androidが、ホーム画面にカレンダーなどを色々並べたりできるのに対して、

iPhoneは、基本的にはアプリが並んでいる画面からカスタマイズできません。

これは、脱獄(iPhoneのOSを無理やり改造する行為)でなんとかできるのですが、

Appleでは「脱獄はやめてね、修理するとき保証外になるかもよ」というスタンスを取っているようです。

iPhoneのデメリット3,新しいケーブルが微妙

iPhoneは7から、イヤホン用のジャックをなくし、USB-typeCという新規格のプラグ穴ひとつのみを付けてあります。

イヤホンの接続も充電も同じ穴なので、充電しながらイヤホンを挿す、ということができません。

 

こういう思い切った仕様変更は、Appleっぽいちゃぽいんですが、これが今はまだ極めて不評。

普通のイヤホンを接続しようとすると、こんな中継ケーブルが必要になるんです。

Appleがプレゼンでこの画像を出していたのが悲しいところ。

「もうケーブル無くしてワイヤレスイヤホン使おうよ」というメッセージだと思うんですが、そのイヤホンがコレ。

付けるとこうなります。


出典元:livedoor.4.blogimg.jp

うどんかよ。

そんなわけで、まだまだ新しい規格は不評のようです。

もちろん今は、ワイヤレスで音質も良くかっこいいイヤホン、ヘッドホンも沢山出ているので、iPhone7を使う場合は、ぜひそちらを選びましょう。

iPhoneのデメリット4,画面がちょっと割れやすい

細かいテストをしたわけじゃないのであくまで感覚ですが、

iPhoneの液晶画面は、けっこう割れやすいみたいですね。

 

画面をバリバリのまま使っている人も、圧倒的にiPhoneユーザーが多いような気がします。

「気がする」だけ…?

 

もちろんこれは、ケースとフィルムを装着すればある程度は防げるので、

iPhoneを買う場合は、一緒にそれらを購入しておきましょう。

iPhoneのデメリット5,修理代もやや高い

画面バリバリのままでiPhoneを使っている人に理由を聞いてみると、

「修理代が高いからそのままにしている」というのが第一位。

 

公式サイトによると、AppleCare未加入の場合、画面の修理のみで3万円以上します。

これは確かに、学生さんなどにはキツイですね。

iPhoneのデメリット6,非公式のとこで修理したりするとリスキー

修理について、Appleの修理センターでなく、非公式の修理屋さんも沢山あります。

そこで修理した場合、画面割れなら1万円前後でイケルみたいです。これは安い。

 

ただ、非公式のショップで修理した場合、その後Apple公式の修理などをしようと思ったときに保証対象外になったりする可能性もあるとのこと。

そういう意味では、安いけれどちょっとだけリスキー、ということになりそうです。

つまり、「画面が割れやすく、公式の修理代は高いけど非公式で修理するとリスキー」というコンボをキメてしまっています。

もちろん「ちょっと高くても公式の安心感がある」という見方もできますが。

iPhoneのデメリット7,ブランド故に盗まれやすい、狙われやすい

これ以降は、「海外で使っていて」という内容なので、目立ったデメリットではないのですが、一応書いていきます。

 

メリットの部分で書いたのですが、iPhoneは一種のブランド品です。

それ故、海外では、盗難被害にあいやすいといえます。

香港でスマホを無くしたので「iPhoneを探す」で探してみたところ、すでに売られて遠くカンボジアで使用され、

iCloudにどんどん現地の写真が保存されてきた、なんて話もあります(笑)

 

もちろんコレは、全てのスマホで言えることですが、スマホは「金目のもの」です。

海外でスマホを使用する際は常に注意して、手元から離さないようにしましょう。

まとめ

と、いうわけで、メリットの裏側にあるデメリットについても書いてみました。

 

僕は特に、Apple信者でもアンチでもありません。

実際に使って「こういうとこは良くて、こういうとこは良くないかもね」というのを見て割と冷静に判断する方です。

 

先にも述べましたが、今はいろーんな価格のいろーんなスマホがあります。

なので、自分の使い方や予算に合わせて、このブログにも書いたようなメリット・デメリットを考慮しつつ、ベストな端末を選んでください。

 

iPhoneのメリットや、SIMフリー携帯について書いた記事もあるので、ぜひ参照してみてください。

旅をしながら使い倒してわかった、iPhoneのメリット10個

【記事まとめ】使わない人は損してる!格安SIM&SIMフリースマホ入門

Androidのオススメスマホに関しても、ここにちょっとだけ書きました。

【2016年】僕が今年買ってよかったもの【旅するガジェット編】

それでは今日はこのへんで。

明日も、良い人生とよい旅を。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。