ドイツのフランクフルト空港で、限定モデルのRIMOWAスーツケースを買ってきた

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

フランクフルト空港で限定モデルRIMOWA買ってみた

先日、RIMOWAのスーツケースの買い方をまとめた記事を書きました。↓

ドイツでRIMOWA(リモワ)のスーツケースを世界一安く買う方法まとめ

結論を「安く買うならミュンヘン、限定モデルならフランクフルト空港」としたワケですが、

今回は、実際に、フランクフルト空港で「ルフトハンザ限定モデル」のRIMOWAを購入してきたので、その体験記を書きます。

フランクフルト空港!

フランクフルト空港とは、ドイツ最大の空港の名称です。

便数や規模もとても大きく、イギリスのヒースロー空港と並んで、ヨーロッパの交通のハブとなっている空港ですね。

空港施設内の設備やショップもとても充実しており、今回はここで買い物をします。

ハーン空港と間違えないように!

ここで、一つ注意が。

フランクフルト空港と「フランクフルト・ハーン空港」は、名前が似ているけど全く別の空港なので、間違えないように注意しましょう!

 

Ryan Air(ライアンエア)などのヨーロッパ内LCCが発着するのは、大抵ハーン空港の方です。

基本的に、ヨーロッパ内の飛行機が行き来する空港なので、両替所すらないとても小さな空港です。

 

フランクフルト・ハーン空港はここ。

フランクフルト空港とは、114キロも離れていますww

日本人向けに言うなら成田空港と羽田空港みたいなものですね…

距離がフランクフルト空港からめちゃ遠い上に、交通手段のバスなどもわかりにくいので、知らずに行ってしまうと詰みます(笑)

ドイツで飛行機に乗る際はぜひ、今一度チケットの確認を。

フランクフルト空港「World Shop」へ

さて、今回僕は、フランクフルト空港でRIMOWAのスーツケースが買える「World Shop」へ。

 

同じターミナル内に、「A店」と「B店」がありますが、まあ内容はあんまり変わりません。

2つの店舗は割と近くにあるので、両方チラッと見てみて、好きな方で買ったらいいんじゃないかな、と。

 

今回、僕はB店ではなく、A店へ行きました。

こっちじゃなくて↓

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

 

こっち。↓

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

いかにも「ドイツ人!」って感じの、ヒゲもじゃの気さくなオッサン2人が対応してくれましたw

 

僕は「RIMOWAと言えば銀のクラシックフライトかトパーズ!」と思ってるので、まっすぐそのコーナーへ。

これらは一番ベーシックなモデルなので、どのサイズもちゃんと在庫があります。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

今回欲しいのは、4輪で、機内持ち込み可能な32〜33リットルのモデルです。

お値段は?

さて、今回は限定モデルを買いに来たので、上記モデルであれば予算なども特に無いのですが、お値段を確認すると…

クラシックフライトが、589ユーロ。

この記事を書いている時点で、1ユーロ123円くらいなので、72,447円ほどですね。

 

トパーズが、689ユーロでした。84,747円くらい。

RIMOWA スーツケース 値段 フランクフルト空港 ワールドショップ 

ドイツで買うにしてはまあ、街中で普通に買うのと大差ないですね。

限定モデルってことで、今回は予算は特に気にしてないです。

 

とにかく安く買いたい!!という人は、フランクフルトではなくてミュンヘンに行きましょう。

ドイツでRIMOWA(リモワ)のスーツケースを世界一安く買う方法まとめ

ちなみに、日本で買うとこんな感じ。10万円超えくらいですね。

お?と思ったのが、こちらの茶色の取っ手のトパーズ。

たぶん、日本のRIMOWAショップでは売っていないモデルです。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

うーん、これもちょっといいねえ。迷うねえ。

何が違うの?

じゃあ、その「クラシックフライト」と「トパーズ」は何が違うのか。

一応違いも説明しておきます。

 

ザックリ言えば、

「クラシックフライト」は、「RIMOWAの昔ながらのレトロなモデル。古き良きデザインをそのままに」という感じ。

「トパーズ」は、「クラシックフライトの雰囲気は残しつつ、色々今風に便利にしたやつ」という感じです。

細かく言えば、違う点は以下の3つです。

1,外観やデザイン

まずは、内外のデザインが異なります。

「クラシックフライト」がカクカクしていて黒い取っ手が付いているのに対して、

「トパーズ」はやや丸みを帯びて、全体的に銀色の少しやわらかいデザイン。

 

同じサイズでも、角の丸さのぶん「トパーズ」の方が、容量がちょっと(1リットルぶんくらい)少ないです。

また、「クラシックフライト」の方が、重量が1キロほど軽いようです。

2,中身

さらに、開くとこんな感じです。

左が、茶色の取っ手の「トパーズ」。右の持ち手が黒い方が、が「クラシックフライト」。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

「トパーズ」の中身の方が、ポケットなどが多くて、やや対応力があるんですね。

3,カギやホルダーなど

あとは細かい部分なのですが、「トパーズ」には、ちょっと今風の便利な小物が搭載されています。

「クラシックフライト」が、昔ながらのロックを採用しているのに対して、↓

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 クラシックフライト カギ

引用:http://www.attract-em.com/content/rimowa/rimowa_classicflite/

 

「トパーズ」は、ちょっと開け閉めがしやすい、より新しいロックや↓

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ トパーズ カギ

引用:http://xn--ccki1gtab5m4bux.com/lock.html

鞄をひっかけられるホルダーなどが付いています。↓

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ ホルダー

引用:価格.com

これ以外もあるよ

もちろん、これら以外のモデルもたくさんあります。

例えば、ポリカーボネード製の「サルサ」など。

こちらは、より軽くてカラーバリエーションも豊富。

RIMOWAの機能性やデザインは好きだけど、ゴツいのはちょっと…という人にはいいかもしれません。

 

まあ、僕は全く好きじゃありません(笑)「渋い銀色以外はRIMOWAじゃねえ!」と思っていますw

迷いまくる

クラシックフライトを買おうと思ってたのですが、

いざ買う時になって、とても迷いましたw

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

デザインで考えると、「クラシックフライト」(持ち手が黒いやつ)一択なんですよね。

このカクカクしたデザインが好きなワケです。

でも、機能性を考えるとトパーズなのかなあ…とか。

 

しゃがんでさらに迷います。うーん。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

よーく見ると、茶色い取っ手のトパーズは、ルフトハンザ航空のマークが丸でなく四角だったので、外しました。

 

取っ手を延ばしてみて悩みます(笑)おんなじやがなwww

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

 

あんまりずっと悩んでるんで、店員のおっさんにからかわれます。

「もう3つとも買って、日本で転売したらええやんwwワハハww」って言ってましたw

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

クラシックフライトに決定!

迷いに迷った挙句、僕は「クラシックフライト」の方にしました。

ステッカーをベタベタ貼りまくって、10年は使い倒してベコベコにすることを考えると、

無骨で直線的、かつ昔ながらの飽きのこないデザインの「クラシックフライト」の方が魅力的でした。

購入手続き

さて、決まったので、購入手続きです。

 

まず支払いは、クレジットカードでも現金でも可。

現金は、ユーロでも円でも可能でした。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ 免税

 

「Would you give me a Tax Free Form?(免税手続き用の書類ください)」と伝えるのを忘れずに。

免税手続きをちゃんとすると、さらに15%くらいお金が返ってきます。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ 値段 免税

購入完了

そんなワケで、無事に購入が完了しました。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ

この右上のマークが、ルフトハンザ航空のマークです。

ちっさいけど(笑)これが、分かる人には分かるアレで、ちょっと達成感がありましたw

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ルフトハンザ ワールドショップ

ルフトハンザ航空の、このマークですね。

RIMOWA スーツケース フランクフルト空港 ワールドショップ ルフトハンザ

 

購入後ですが、2ヶ月ほどでこんな感じに。↓最高。大正解やで。

まとめ

そんなわけで、前回のまとめに続き、実際に買ってみた体験談でした。

みなさんは、当ブログをよく読んで、ぜひ迷わず購入してください(笑)

 

購入後の、免税手続きについてはコチラをどうぞ。

お金が返ってきた!海外旅行で買い物をした際の免税手続きのやり方まとめ【フィウミチーノ空港】

 

買い物つながりで、コチラの記事もぜひどうぞ。

【2016年】僕が今年買ってよかったもの【旅するガジェット編】

【2016年】僕が今年買ってよかったもの【旅する男の生活編】

まだそのまま使ってるの?僕がGoPro(ゴープロ)を100倍便利にした10のアクセサリーを紹介します

 

ドイツの映像も見てみてください。↓

【TR1P】ドイツの恋人の橋「アイゼルナー・シュテグ」を一分で渡ろう【1分旅動画】

それでは明日も、よい人生とよい旅を。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。