疲れた人に読んでほしい詩『現代に生きる私達の矛盾』

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

現代に生きる私達の矛盾

今回は、ある詩について紹介します。

この詩は、アメリカのコメディアン、ジョージ・カーリンの言葉に、牧師ボブ・ムーラヘッドの説教がアレンジされたものだそうです。

タイトルは「現代に生きる私達の矛盾」。

この時代に生きる

私たちの矛盾

 

ビルは空高くなったが

人の気は短くなり

高速道路は広くなったが

視野は狭くなり

お金を使ってはいるが

得る物は少なく

たくさん物を買っているが

楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが

家庭は小さくなり

より便利になったが

時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても

センスはなく

知識は増えたが

決断することは少ない

専門家は大勢いるが

問題は増えている

薬も増えたが

健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し

笑うことは少なく

猛スピードで運転し

すぐ怒り

夜更かしをしすぎて

起きたときは疲れすぎている

 

読むことは稀で

テレビは長く見るが

祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが

自分の価値は下がっている

 

喋りすぎるが

愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

 

生計のたてかたは学んだが

人生を学んではいない

長生きするようになったが

長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに

近所同士の争いは絶えない

 

世界は支配したが

内世界はどうなのか

 

前より大きい規模のことはなしえたが

より良いことはなしえていない

空気を浄化し

魂を汚し

原子核を分裂させられるが

偏見は取り去ることができない

 

急ぐことは学んだが

待つことは覚えず

 

計画は増えたが

成し遂げられていない

たくさん書いているが

学びはせず

情報を手に入れ

多くのコンピューターを用意しているのに

コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く

体は大きいが

人格は小さく

利益に没頭し

人間関係は軽薄になっている

 

世界平和の時代と言われるのに

家族の争いはたえず

 

レジャーは増えても

楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても

栄養は少ない

夫婦でかせいでも

離婚も増え

家は良くなったが

家庭は壊れている

 

忘れないでほしい

愛するものと過ごす時間を

それは永遠には続かないのだ

 

忘れないでほしい

すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることができるこの唯一の宝物には

1円もかからない

忘れないでほしい

あなたのパートナーや愛する者に

「愛している」と言うことを

心を込めて

 

あなたの心からのキスと抱擁は

傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい

もう逢えないかもしれない人の手を握り

その時間を慈しむことを

 

愛し

話し

あなたの心の中にある

かけがえのない思いを

分かち合おう

 

人生はどれだけ

呼吸をし続けるかで

決まるのではない

 

どれだけ

心のふるえる瞬間があるかだ

うーん。考えさせられる内容。

僕は時々、この詩のことをふと思い出して、読み返したくなります。

 

僕は常々、「単なる効率と利便性の追求は進化じゃない。大切なのは、哲学とビジョンだ。」と考え、言っているワケですが、

前に進むことはとても大事ですが、その「目的」も、時々は考え直したいですね。

あなたは、読んでみてどう感じましたか?

コメントやシェアなどで、教えてくれると嬉しいです。

 

こちらの記事も、あわせてどうぞ。

幸せな人は◯◯を大切にする。旅人が見た「幸福な国の共通点」とは?

【ジャム理論】ストレスが多い?ならまずは「選択肢」を減らしてみよう

あなたの人生を邪魔する「行動できない3つの理由」とは?

「他人は別の生き物」と考えれば、人生が楽になって世界が広がる。

僕が禅寺で修行してミニマリストになっていった話

いつまでも子供のように人生を楽しむ秘訣。なぜ、年をとるほど一年が短く感じるのか?

【大掃除にも】服も本も捨てる。世界一周の旅に出る前にやった「断捨離」3つのステップ

 

 

今日は短いけど、この辺で。

明日も、良い旅と、良い人生を。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。