過去は、変えられる。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

「過去は変えられない」と人はよくいうけれど、実はあれは嘘だ。

過去は変えられる。

起こった事象そのものは変化しなくても、その解釈は変えられる、という意味で。

 

理想の未来を定義し、そのシナリオに最適な形で過去を捉え直していい。

つまり、時間を過去から未来ではなく未来から過去へ流していく。

仏教の大乗阿毘達磨経の教えがこれに近い。

 

 

例えばボクシングの内藤選手。

亀田選手に勝ったから「いじめられっ子がボクシングで変わった。ハングリーを培ってた」

というストーリーができた。

 

 

あれが負けてたら「いじめられっ子はやっぱりいじめられ続ける。人は変われない」

というストーリーになっちゃったハズ。

彼は、勝利によって過去の出来事をサクセスストーリーの一部にしたんだ。

 

つまり、自分の過去を恨んで、今を辛く感じる奴は、とにかく次の勝負に勝て。

イジケてんじゃねえ。リベンジして過去を変えろ。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。