9月29日。シンガポール出発前夜。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。

この文章は、つらつらと書いたメモを、シンガポールでまとめて、文章化している。

シンガポール出発前日。僕は体調を崩していた。

今回、東京から帰ってすぐに大阪へ行き、

福岡に戻ってきてバタバタで準備をして、寝ている時に空調にやられたらしい。

少しの熱と、喉の乾き。僕がここまで体調を崩すのは珍しい。

しかし、結局は1日で治ってしまった。

沢山寝て、ずっと鼻を噛んでただけ。本当に、身体は頗る強い。

体調のせいもあり、出発の前日は、昼過ぎまでずっと寝ていた。

あとは、いつもそうなんだが、長い旅行の前日は不安やら面倒な準備やらのせいか、そこまでテンションは上がらなかったりする。

今日は、やることを最低限まで絞っておいた。

やらないとヤバイ、という仕事のみ残す。具体的に言えば、買い物と荷物のパッキングのみ。

なので意外とぐうたらしていた。

15時ごろ、起きだして洗濯をする。

その後、外出して薬局で絆創膏などを購入。

ビックカメラで、ギリギリでSIMフリー携帯を買う。

ネット回線は僕にとって生命線だ。

Web製作とアフィリエイトを本業とする僕は、ネットがないと仕事ができないので、

これだけは割としっかり調べておいた。

逆に、これさえしっかりとしておけば、あとはどこでも仕事ができて、お金も稼げる。

予定としては、シンガポールでは、

①プリペイドSIMカードを使ってのテザリング

②2スタバなどの店舗Wi-Fi

③Wireless@SGなどの公共無線Wi-Fi、に頼って通信を行おうと思う。

最近行った友人Tによると、スタバのWi-Fiは優秀で、wireless@SGはクソだとか。

購入した機種はHUAWEIのP8 lite。色はホワイト。

ZenFoneと迷ったけれど、

実際に見てみて、デザインがこちらの方が気に入っていたし、

ほぼ同スペックでもこちらのほうがやや安かったのでこっちに決定した。

しかし…今の家電量販店はどうなんかね。

携帯は、やむなく福岡市天神のビックカメラで購入したが、

購入時につくポイントは1%、値下げも不可で税込み30000円。

専門的な質問にも、答えがイマイチ。値段も付加価値も家電量販店には分がない。

これなら確実に、10%offでネットで買う方がいいな。

プラグ変換器(2170円)も一緒に買う。安心のカシムラ。クリアがあったのでこれを購入。

今回行くシンガポールと香港は、基本的な電圧220V。

MBPはその電圧でもOKなため、変圧器は必要なく、プラグの変換器のみでOKみたいだ。

しばらく日本食が食えないので、「天ぷらのひらお」でメシを食って帰る。塩辛最高。

帰宅して、p8liteの箱を開けてみる。

IMG_3678 IMG_3679 IMG_3681

明らかに、iPhoneを意識したデザイン、箱も中身も、だいぶ洗練されてるなー。

実際にちょっと触ってみてもサクサク。うん、いいね。

今までずっとiPhoneユーザーだったので、Androidは敬遠していたけど、これを期に、スマホは国内でもSIMフリーを使っていこうと思う。

僕は殆ど電話はしないし、ある程度容量の大きなSIMを契約すれば、テザリングでポケットWi-Fiの料金も浮くハズ。

支払額が月額15000円程から5~7000円(予想)に減って、荷物が一つ減る。最高。

もっと言えば、キャリアの縛りが無いので、短期間で機種を買い換えることもできる。

まあ、今のiPhoneのauとの契約が来年6月までは残っているので、徐々に慣らしていこう。

出発が10時の便だけど、昼間にけっこう寝てたので、結局この日は徹夜で仕事をしていた。

どうせ明日は8時間飛行機に乗っているので、寝る時間は充分にある。

なんせ、1ヶ月くらい日本に帰ってこないので、

色んなコトを準備したり、先に終わらせたり、しておかないといけない。

とりあえず、出発前日はこんな感じだった。

滞在の記録も兼ねて、こういう記事をツラツラと書く日がこれからしばらく、続くと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。福岡・博多出身。
国立九州大学中退後、(株)WORLDiAを創業。WEB制作並びにWEB広告代理業を4年間行う。
熊本地震を期に、モノを捨てて世界一周の旅へ。旅をしながら、”世界を旅する1分動画”「TR1P(トリップ)」と、旅のブログ「Back Pack Hack(バックパックハック)」を運営。
現在も、「旅して創って稼ぐ」をモットーに、ドローンとカメラとPCをカバンに詰めて、旅を続ける。